恋愛したい!結婚したい!そう考えたときに、ぴったりなファッションというのはあるのでしょうか?

 

ほどよくコンサバでこぎれいを目指して

 

 「男ウケ」という言葉があることからも分かるように、ある程度男性が好む服装という傾向は確かにあります。婚活を本気でするなら、服装から考えて自分はOKかどうか、チェックし直してみるのもよいのではないでしょうか。ただ、男ウケだけを考えていても何も楽しくありませんし、個性ゼロになってしまう危険性も。基本的には好きな服装をしながら、「避けるべきファッション」を上手に避けるというのが、ほどよい婚活ファッションと言えるのかもしれません。

 まず避けるべきは、流行最先端のファッション。おしゃれが大好きで、とにかくファッション命!彼氏選びも、おしゃれなことは最低条件!という方が最先端のおしゃれを貫き通すのは止めませんが、そうでない方は「常に流行最先端」は恋愛シーンでは避けたほうが無難。というのも、大多数の男性は、女性ほどファッションに興味がないから。むしろ、おしゃれすぎる女子はお金がかかりそう、自分の身なりにも厳しく言われそう、と無言のプレッシャーを感じてしまう方も多いといいます。流行の取り入れ方としては、タレントさんを見るよりも女子アナを見たほうが正解。ほどよくコンサバでこぎれい、でも女性らしくて、シルエットやカラーは今風。これくらいが、恋愛・婚活にはほどよいさじ加減です。意識してみましょう。

 そして、避けるべきファッションとして心がけたいポイントとしては「極端」なファッション。過剰な露出、カラフルすぎる色使い、個性的すぎる形、ガーリーすぎる組み合わせ、ぜんぶNGです。きゃりーぱみゅぱみゅさんを思い浮かべてみてください。彼女は顔があれだけ可愛いから極端なものを着こなせるのであって、並程度の可愛さの人があれをやったらたちまち「痛い人」。普段のファッションはさておき、婚活パーティや合コン、気になる人とのデートの際にコーディネートするなら、とにかく「引き算」を心がけることが正解です。没個性になるくらいまで引いて引いてコーディネート。それが意外に男性向けには程よいことも多いです。

そのほか、結婚相手・本命として認識されたいなら、派手すぎない、お金をかけすぎない印象を持たれることも大切。結婚相手として認識したとき、どうしても親に紹介してOKか?という視点で見ることが多いからです。また、ここでは大多数の男性の視点を意識する方法として紹介しましたが、もちろん個々の嗜好や好みは異なることを忘れずに。リサーチも怠りなく、が基本です!

 

関連コラム

 

未来が見えない不倫…諦めていた恋が動きだした瞬間
元彼とまさかの復縁を果たした崖っぷち女性の秘密の方法
あのタレントも挑戦…短期間で−10kgダイエットの秘密
夫と離婚して「許されない相手」と結ばれた女性の体験談

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Maladè

結婚】の最新記事
  • 実録!「絶対に結婚しない」と言っていた女性が結婚に踏み切った理とは?
  • 彼氏としては最高! 結婚相手としてはNG!結婚に向かない男性3選
  • 一生心に残る!女性が憧れるプロポーズをご紹介!
  • 花嫁の「ウェディング・ハイ」がもたらす、結婚式・披露宴の悲劇
  • まだ早いかも!? 男性が結婚を迷う理由6選
  • その婚約、ちょっと待った……!本当にあった婚約破棄エピソード3選
  • 同時に2人の男性から告白された場合……どのように決断するべき?
  • 彼氏がいるのになかな結婚できない……その原因とは?