男性は女性よりも、結婚願望が少ない方が多い傾向にあります。

 

追い込みをかけ過ぎると逆効果

 

 だからといって、したくないわけではないのです。タイミングや時期をうかがっているので、あまり焦らせるのも良くありません。ですが、女性は子供を産むことを考えると何十年も男の人の気持ちが固まるのを待つことはできません。

 「いずれは結婚をするだろう」と心のどこかで思っていたとしても、それを確実に意識するようになるには、男の人の心理的な部分もかなり関係してきます。たとえば、身近な人物、友達や同僚が次々と結婚をしだした時に、「そろそろおれも…」と考えることが多いんだとか。これは女性も同じですね。式に参列したことによって、自分に置き換えて考えられるようになりますから、友人や同僚の式に参列することが多くなってきた時は、男性に一生のパートナーとして意識してもらえる最大のチャンスだとも言えるでしょう。

 結婚をしても出産をしても仕事を続ける女性が増えてきていますが、やはり男たるもの家族を養っていかなくてはいけません。ですから、ある程度の年収が確保できて仕事が落ち着いてきた時や、仕事に慣れてプライベートの時間に目を向けやすくなった時に結婚を意識するようになります。この時、しっかりと彼をサポートしていれば、自然と一生を共にするパートナーとして認めてもらうことができ、とんとん拍子に話が進むことも少なくないのです。

 また、ある程度お付き合いをしている期間が長くなってくると、意識せざるを得ないのも現状にはあるのではないでしょうか。2〜3年のお付き合いを経て、ゴールインされるカップルが非常に多い中、近年は数ヶ月で籍を入れるカップルも増えてきています。ただ、お付き合いの期間で将来が左右されるというわけではありません。5年も6年もお付き合いをして籍を入れても、数年で離婚するケースも少なくないからです。

 つまり、付き合っている時と籍を入れて生活を共にするようになった時というのは、同じ相手でも感じることや思うことが違ってくるという証拠です。2年以上すでにお付き合いをしている男性がいる女性は、誕生日やお付き合いしだした記念日を盛大に祝ったりすると、男性側の意識を少しでも変えられるかもしれません。このような男性の気持ちを尊重し、上手にコントロールすることができる女性になれれば最高です。焦りは禁物です。追い込みをかけ過ぎると逆効果となりますので、慎重な行動と言動を心がけましょう。

 

関連コラム

 

「終わりにしたい…」そう思っていた女性の驚愕の不倫成功体験談
霊感霊視に優れた先生揃いの電話占いカミールがサービス開始
海外セレブに大人気「レバノン料理」の即効性ダイエットとは?
未来が見えない関係にも急展開!? 彼をその気にさせる方法とは

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by caleb.wrestle

結婚】の最新記事
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由
  • もう恋のフェーズは終わった! 結婚してもいいのはどんな人?
  • アラサー男性が「はやく結婚したい!」と思った瞬間ランキング
  • このままだと結婚できる気がしない…不安から抜け出して幸せになるには?
  • 独身女性たちの「結婚できない理由ランキング」!
  • 意外とメリットだらけ? 職場結婚がおすすめの理由
  • 最悪な結婚式を迎えた花嫁の末路:後編「結婚式で起こった最悪なできごと」