女性に比べると男性は、結婚に対してあまり深く考えていないところがあります。

 

生活面においてどれくらい自立をしているか

 

 もちろん、お付き合いを重ねるにつれ意識するようにはなりますが、女性ほど「結婚」という言葉に憧れを抱いているわけでもなければ、したいと強く願うことは少ないのが現実です。もちろん、家族を養わなくてはいけないわけですから安易に生活を共にすることを選ぶことができないのも当然ではありますが。

 もちろん、女性だってできることなら年収の高い男性と結婚したいと思うものです。お金に苦労する生活は誰だってしたくないものですし。ただ、一般的な適齢期とされている年齢の男の人の年収というのは、300〜400万円が妥当です。これを多いと見るか、少ないと見るかは個々の感覚にもよりますので一概には言えませんが、安定した職に就いていてなおかつ同じ所で長く働いている男性というのは、将来を考えられる相手と言えます。安定した職についてもすぐに辞めてしまったり、合わないからといって転々と仕事を変えてきていた男の人というのは、生活を共にするようになっても繰り返す可能性がかなり高くなります。

 また、親元を離れ自分の収入だけで生活をしてきたことが一度でもあるかどうか、ここも重要なポイントではないでしょうか。田舎に比べると都心部に住んでいる男の人は、地方から出てきている方も多いですから、親元から離れて自立されている人がたくさんいます。ただ、実家暮らしがいけないと言っているわけではありません。収入の中から何万円でもいいですから家に入れているという男性を見つけるのです。意外に男というのは甘ったれで、実家暮らしだからとお金を入れていない人も多いからです。ちなみに、実家暮らしの場合、一人暮らしの人に比べると貯金が比較的多い傾向にあります。お金の使い道や貯金の仕方など腹を割って話すことができる男の人はベストパートナーになれると言えるでしょう。

 今は、女性も家庭と育児を両立しながら仕事を持つ人が多くなってきています。ですから、家事などもパートナーと分担して行うことになります。家事をするのが女の仕事と古い考えを持っている男の人はお勧めできません。簡単なものでもご飯が作れて洗濯なども積極的に行っている男の人でなければ、一生を共にすることは難しいかもしれません。生活をするには、お金もとても大切です。しかしながら、生活面においてどれくらい自立をしているか、そこが何よりも重要であると言えるでしょう。

 

関連コラム

 

「終わりにしたい…」そう思っていた女性の驚愕の不倫成功体験談
霊感霊視に優れた先生揃いの電話占いカミールがサービス開始
海外セレブに大人気「レバノン料理」の即効性ダイエットとは?
未来が見えない関係にも急展開!? 彼をその気にさせる方法とは

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Luciano Meirelles

結婚】の最新記事
  • 結婚の鍵は意外にも友人だった?結婚に導いてくれる押し上手女子”とは
  • やってはいけない! 結婚したいのに結婚できない女性の特徴5選
  • 「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」その違いとは?
  • 10の質問でわかる! あなたの彼氏は良い旦那さんになる?
  • 後悔しないために知っておきたい「結婚後に豹変する男性の特徴」
  • やはり「30歳」がターニングポイントだった? 独身女性が増える要因とは
  • 忘れていませんか?婚活を成功させるための基本の「キ」
  • 絶対に譲れない! みんなが語る結婚のマスト条件6選