実際のところ、国際結婚ってどうなのでしょうか? 今回は、国際結婚にまつわる実情を、リサーチしてみました。

 

やっぱり大変?それとも幸せ?

 

●その1:優雅な結婚生活をゲット
「親戚にバリ島の現地の人と国際結婚をした人がいます。彼女が卒業旅行でバリ島に行き、出逢いは『日本人は金を持っている』とナンパされて、ちやほやされてお姫様気分になったとのこと。いつの間にか恋人になったそうな。

彼女も何十年もバリ島に住んでいたからか、現地の人と間違えられる位染まりました。『日本で流行っている物をちょっと手を加えて売れば儲かる』と、いつの間にか実業家に(笑)。親が病気になったりしたらすぐに駆けつけられる距離ではないし、大変だけど幸せそうです」
(引用:『ガールズちゃんねる』国際結婚について語りましょう)

●その2:母国愛は譲れない?
「アメリカ人の夫と結婚して3年目です。結婚生活に問題はありませんが、ひとつだけデメリットを挙げますと、国際政治に関する議論が全然一致しなくて寂しい。また、オリンピックで心から応援する国も分かれてしまって寂しいことです。

政治関係のニュース、トヨタバッシング、鯨(シーシェパード)、まぐろ問題、イルカ映画問題、このようなニュースがテレビで出た時に、二人の意見が完全に「アメリカ人」と「日本人」に分かれてしまう。結局ふたりの議論は平行線になるばかりなことが分かって、お互いあえて深くのめり込まないようにしました」
(引用:『Yahoo!知恵袋』国際結婚のメリット・デメリットについて教えてください)

●その3:嬉しいけど嬉しくない?
「夫はフランス人です。現在、日本で地味に暮らしているのですが。愛情表現が過多で……。フランス人(ラテン系?)特有なのかもしれませんが、本当にキスが大好きです。

娘がいてもキスしてきます。これは日本人には考えられないかも? 
家の中だけではなく近所のスーパーや、娘の学校の中でも普通にくち×くちのキスをしてきます。いやらしい気持ちでしているのではないですが、慣れるまで時間がかかりました」
(引用:『ガールズちゃんねる』ガルちゃんの、国際結婚、国際恋愛どれくらい?)

 ビザの手続き、言葉の壁、生活習慣……と、国際結婚の大変さは挙げたらキリがありません。でも、それらをどう受け止めるか次第で、彼との結婚生活もまた違ったものになりそうですね。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Ryan Polei |

結婚】の最新記事
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由
  • もう恋のフェーズは終わった! 結婚してもいいのはどんな人?