世の中には数えきれないほどたくさんの夫婦がいます。しかし、その中で本当に幸せに暮らしている夫婦はどれぐらいなのでしょうか? 

 

大切なのは思いやり

 

 結婚に必要なのは愛か、お金か。もちろんどちらも大切なものですが、それが極端にどちらかに偏るとやはりうまくいかないようです。

■結婚は愛情がなければ続かない

「恋愛と結婚は別。だって、愛があってもお金がなければ暮らせないでしょう?」このような考えで、収入や家柄だけを見て結婚を決めてしまう人がいます。もちろん、この考えも間違ってはいません。しかし、愛情もないのに条件だけを見て結婚してしまうと、後々困った事態に遭遇するケースもあるのです。

例えば、結婚前は順調だった夫の会社の業績が傾き、収入が激減してしまった場合。家のローンや私立に通う子供たちの教育費が捻出できなくなり、夫から「すまないが、お前も働いてくれないか」と言われたら。

 こんなとき、2人の間にちゃんとした愛情があれば「2人で協力してこのピンチを乗り切ろう!」と前向きに考えることができます。なぜなら、あなたが夫と結婚したのはぜいたくをさせてもらうことが目的ではなく、あくまでもずっと一緒にいることだったからです。

しかし、夫の収入や肩書が目当てで結婚した人は、この状況に耐えることができません。ぜいたくな生活をさせてもらえると思ったから結婚を決めたのに、それがかなわなくなれば、もはや一緒にいる理由がなくなってしまうのです。

 夫のリストラや失業を機に子供を連れて実家に帰る女性は、まさしくこのパターンだと言えるでしょう。

■欠点は少しずつカバーしていけばいい

ギャンブル好きや浮気性など、度を越した欠点のある男性とは結婚を考えるべきではありません。しかし、少しぐらい収入が少なくても「この人とやっていこう。お金が足りないなら私も働けばいい」と前向きに思える相手ならば、結婚生活がうまくいく可能性はじゅうぶんにあります。

 大切なのは思いやりです。どんなに恵まれた生活をしていても、夫婦の間に冷めた空気が流れている家庭ではくつろぐことはできません。子供もさみしい思いをするでしょう。しかし、ぜいたくはできなくても、お互いが欠点を埋め合って仲良く暮らしている家庭では笑いが絶えません。そんな両親の姿を見て育つ子供も、人を愛することの素晴らしさやお互いに助け合うことの大切さを知り、同じような家庭を築いていくことでしょう。

「愛さえあればお金なんていらない」これはうそです。人間はお金がなければ暮らしていけません。しかし、愛さえあれば多少のつらいことなら我慢できるのは本当です。どんなに愛し合って結婚した夫婦でも、それから何年もたてばお互いの嫌なところが目につくようになります。経済的なことや、子供の問題に頭を悩ませることもあるかもしれません。

 しかし、2人の間に絆や愛情がしっかりと芽生えていれば、なんとか協力して乗り切っていけるものなのです。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
驚愕実録!! 30代女性の奇跡の復縁体験談とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kylekuo

結婚】の最新記事
  • 恋人の今の「結婚に対する思い」は?
  • 3ヵ月後、彼は結婚に向けて行動していますか?
  • 結婚したいけど、恋人の結婚願望はどれくらい?
  • 女性からのプロポーズを成功させる方法とは?
  • あなたとの結婚を前提にして気になっている異性がいるかも!
  • この人と結婚したい! あなたに気持ちを向ける方法
  • 結婚前に同棲するのはアリ? 同棲のメリットとデメリット
  • もし同居したら相手の家族とうまくやっていける?