「結婚できない女」というと、出会いのチャンスがなかったり、男性が近づく隙がなかったり、というイメージがあるかもしれません。
しかし、なかには何年も付き合っている彼氏がいるのになかなか結婚に至らない、という人もいます。
 
結婚したくないわけでないし、むしろ結婚したいとは思うのですが、どうもそんな雰囲気にならなかったり、相手が乗り気でなかったり、というケースは意外と多いものです。彼氏がいるのに結婚できない女性には、何か問題があるのでしょうか。今回はそこに焦点絞って原因を考えていきたいと思います。
 

タイミングを逃した

 

よくあるのが、同棲や半同棲生活を長く送っていて、結婚のタイミングを逃したというカップルです。
 
女性としてはもちろん籍を入れるのはやぶさかではないのですが、男性が積極的でない場合が多いのが特徴でしょう。一般的に、男性に取って結婚のメリットは、好きな人とずっと一緒にいられたり、食事などの心配がないことや、パートナーから癒されることなどですが、デメリットとしては、世帯主としての責任が生じ、金銭的にも自由度は減少します。
 
一方で、同棲というのは男性にとって結婚に伴う負担なしで、メリットだけをすべて享受できる便利なシステム。わざわざ籍を入れたくないと思うのも当然でしょう。このようなカップルは、子どもができるなどのきっかけがないと、なかなか結婚に踏み切れません。
 
男性に取っては便利な関係ですが、女性にとってはズルズル付き合った挙句に結婚しないのでは、婚期を逃すことにつながります。いくつになっても結婚に支障がない男性と違い、女性は妊娠などのことを考えると、先延ばしにするメリットは何もないのです。

本音で話ができないカップル

 

また、なかなか本音で話ができないカップルも、結婚までには時間がかかる可能性が高いです。
 
「結婚したいな」と思っていても、彼に嫌がられるのが怖くて口に出来ない女性は意外とたくさんいます。男性としては、いずれ結婚したいとは思っていても、それに伴う負担の増加や、細かい話し合いなどが面倒で先延ばしになっているケースもあるでしょう。
 
結婚となると、一緒に生活し、子どもや老後の人生設計も含めて長い付き合いになるのですから、きれいごとだけではやっていけません。お金についてもシビアな話になりますし、相手が嫌がることを言わなければならない場合も出てきます。
 
もちろん、家族になるとそれがあたりまえなのですが、お互い自由な立場の恋愛だとそのリスクは少ないですから、つい争いを避けて結婚の話ができないことも少なくありません。そのため、彼氏がいるのになかなか結婚できない女ということになってしまうのです。

さいごに

 

結婚をしないでそのままだらだらと付き合ってしまうと、もう取り戻せない年齢で破局を迎えてしまう……なんていう最悪なケースも多くあります。
 
男性からの言葉を待つのも良いのですが、自分のなかできちんと期限を設けて、それまでに相手が行動をしなかった場合や、自分が結婚する気になれなかった場合に備えて計画を練っておくことが必要と言えるでしょう。
 
(yummy!編集部)
 
■彼氏と結婚したいのに! 男が必ずしも彼女と結婚したいわけではない!?
■彼氏が「結婚をはぐらかすときに使う言葉」ランキング!
■プロポーズしてくれない彼氏に、結婚を決意させるには?
 

結婚】の最新記事
  • 煮え切らない彼から「結婚しよう」を引き出す魔法の言葉5選
  • プレゼントを転売……「母の日」の嫁姑バトル
  • 人生最高のイベントになるはずが…… 絶対に友達をなくすNG結婚式3選
  • もしかして私、嫌われてる? 義母の一言でわかる、姑の本音
  • こんなはずじゃなかった! 夢見ていた新婚生活とのギャップを感じた瞬間
  • 史上最悪! 二度と参加したくない“衝撃結婚式”エピソード
  • 結婚を決められる女・決められずに婚期を逃す女の違い
  • 職業別! 結婚願望のある男性の落とし方