極論を言えば結婚なんて婚姻届を提出するだけなのですから、その気になれば1日で手続きできます。

 

結婚までにはかなりの年月が必要

 

 ハンコを押してくれる保証人さえ見つかれば、会ったその日に大恋愛に発展して結婚完了、なんていうことも理論上不可能ではないでしょう。しかし、現実的にはそんなことはまずありませんし、結婚までの道のりはかなり長いものです。プロポーズが成功してから結婚するまでの間ですら数カ月という人が多いのですから、付き合ってからプロポーズするまで、出会ってから付き合うまで、さらにその前の婚活期間と逆算していくと、かなりの年月が必要だということはわかるでしょう。

 実際のところ、ここまで時間がかかるのは、結婚するとなるとやはり親や親戚への挨拶などが必要になることと、結婚式の手配にある程度時間がかかるためです。年内に結婚はともかく、年内に挙式となるとかなり急ぐ必要があります。二人の間で結婚の約束をした時点で式場を探し始めるのはOKですし、下見などもどんどん行くべきですが、やはり本契約となると親に挨拶して認めてもらってからということになるでしょう。親に認めてもらえなくても結婚することは可能ですが、結婚式を強行するのはリスクがあります。つまり、段取りとしては結婚を決めた時点で式場を探しながら親へ各自が報告、挨拶のセッティングをして、両家に認められたら式場を予約。ここまでは頑張れば1ヶ月。しかし、結婚式は空いていたから来月に、と言うわけにはいきません。招待客に招待状を送って、返信を待って、というのに時間がかかるので、やはりギリギリのスケジュールで2ヶ月。できれば3カ月は欲しいところです。そうなると、年内の挙式のためには夏にお互い一目惚れくらいの勢いで婚約しなければならないわけで、ちょっと無理があるのではないでしょうか。

 女性にとって結婚は出産の年齢などにも関係してきますから、できるだけ早く、というのも分かりますが、やはり急いでするものではありません。そもそも、式さえ急がないのであれば、年内の結婚へはかなりの猶予がありますし、夏に出会ってお互いに結婚を意識して秋まで同棲し、年末に籍を入れて翌春挙式でもかまわないわけです。期限を区切って結婚を考えるのは、なかなか踏ん切りのつかない人にはいいのかもしれませんが、上手くいっていない夫婦には「30までに結婚したくて焦って失敗した」と思っている人が多いのも確か。結婚は遅らせるメリットもありませんが、早ければいいというものではないので慌てるのはNG。期限を設定するなら、今年中に結婚!ではなく、夏の間に候補になりそうな彼氏を見つける、くらいの余裕で臨みましょう。

 

関連コラム

 

好きな人に相手がいても諦めきれない…禁断の恋を成就させる方法
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「もう二度と復縁はない」と言われた元彼とヨリを戻す方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Lazare

結婚】の最新記事
  • 彼氏としては最高! 結婚相手としてはNG!結婚に向かない男性3選
  • 一生心に残る!女性が憧れるプロポーズをご紹介!
  • 花嫁の「ウェディング・ハイ」がもたらす、結婚式・披露宴の悲劇
  • その婚約、ちょっと待った……!本当にあった婚約破棄エピソード3選
  • 同時に2人の男性から告白された場合……どのように決断するべき?
  • 彼氏がいるのになかな結婚できない……その原因とは?
  • 早急に見極めてリスクを回避せよ! 結婚願望のない男性の特徴3選
  • 結婚の鍵は意外にも友人だった?結婚に導いてくれる押し上手女子”とは