今や結婚しても3組に1組が離婚をする時代。バツイチの女性も珍しくなくなりました。
それでも、バツがついていると男性から見られる目も違うんじゃないか……と心配している人も多いでしょう。
 
そこで今回は、再婚をスムーズに進めるための方法をまとめてみました。
 

今度こそ幸せになるために 本当に好きかどうかをよく考える

 

女ひとりで暮らしていると、ふと弱気になる瞬間があります。そんなとき、自分に好意を寄せてくれる男性が現れれば、気にするなというほうが無理です。
しかし、1度結婚生活に見切りをつけたことのあるあなたなら分かるはずです。結婚生活とは、けっして甘いものではないということを……
 
はじめは順調でも、長い結婚生活の中でどんな試練が襲ってくるか分かりません。そんなとき、相手の男性のことを心から愛していなければ、乗り越えられないかもしれないのです。
再婚を決める前に、なにがあっても信じていける相手かどうかをよく見極めましょう。

今度こそ幸せになるために 相手の家族と仲良くなる

 

結婚をすれば、自動的に相手の家族とのお付き合いが始まります。ただでさえ難しいことなのに、中には「バツイチ」ということに過剰な反応をする人もいるので、そうなると大変です。
 
しかし、幸せな結婚生活を送るためには彼の家族と良好な関係を築くことはとても大切。「いつかは分かってもらえる」と信じて、あきらめずに笑顔で接するようにしましょう。
 
実際、最初は色眼鏡で見ていた人も、こちらの人となりを分かっていくにつれて、だんだん好きになってくれるケースは多いものです。
くれぐれも、ヤケを起こして関係を壊してしまわないよう気をつけましょう。
 

今度こそ幸せになるために 細かい部分までとことん話し合っておく

 

ラブラブだったカップルが、結婚したとたん険悪になってしまうのは悲しいことです。こうなってしまう原因はさまざまですが、お金の使い方などの「価値観の違い」に疲れてしまったという場合が多いのではないでしょうか?
 
一緒に暮らし始める前に、お互いの収入の使い方、家の間取りの使い方、家事分担の取り決め、子どもができたときの対応の仕方など、想像できるかぎりのことについてとことん話し合っておきましょう。この段階で意見がぶつかるのであれば、そのまま結婚しても同じことの繰り返しになるのは目に見えています。
 
また、どちらか一方が我慢する関係もよくありません。思ったことをきちんと相手に伝えられてこそ、いい関係が続くのです。

おわりに

 

「バツイチ」というと「結婚に失敗した人」とネガティブなイメージをもたれることが少なくありません。しかし、一度結婚生活を体験しているからこそ分かることもたくさんあります。
今度こそ愛する彼と幸せになるために、少し慎重に見極めていきましょう。
 
(yummy!編集部)
 
■離婚をしても2度目の結婚ができる女と、できない女の違いって?
■思わず絶句! 離婚裁判での男性の衝撃発言3選
■結婚前に知っておきたい! 夫婦が離婚に踏み切る理由
 

結婚】の最新記事
  • 年齢を重ねるごとに結婚への焦りが?「もう遅い」と思わなくて良い理由
  • 「結婚するなら医者がいい」は危険? 医師奥様のリスクとは
  • これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?