そろそろ結婚したい年齢に差し掛かるアラサーです。結婚が早い友達はもう既に子供まで生まれて育てている年齢にもなりました。だからこそ焦りを感じ始めて、どうして自分は結婚できないのかという悩みが発生します。

 

自分らしさはそのままで

 

 アラサー独特の結婚できずに焦るパターンです。実際には、結婚というとやはり30代前半ぐらいが最終ラッシュになります。今の段階でいくら晩婚化しているとはいっても、30代後半ともなると一気に結婚する人の割合は減っているのです。女性には妊娠して出産をしたいという願望を持っている人が多いので、その年齢を考えても30代前半で結婚をしておかないと苦しくなってしまいます。頑張っているのに空回り、なかなか結婚できないといった負のスパイラルに陥ってしまうのが、アラサー世代です。

◆結婚しようと焦り過ぎない
 結婚したいという気持ちばかりが前に出すぎて、視野が狭くなっている女性は多いものです。いくら焦っていても理想を追い求めてしまうので、結局は年収や仕事などで男性を比較してランク付けしています。早く結婚まで進んでいきたいからと、そういった条件面を重視しすぎてしまうと、かなり狭まった視野でしか男性を見れなくなってしまいます。そうなってしまったら、一度肩の力を抜いてください。あまりに希望ばかり男性に追い求めていてもいけません。それでいい人が見つかる確率は低くなっていきます。まずはフィーリングから。長く一緒に暮らしていく相手なので、一緒にいて居心地がいいかどうかを重視して相手を探してみてください。年収や職業も気になりますが、それは後で考えることにして、居心地のよさをまずは追い求めて相手探ししましょう。焦っても結婚はやってきてくれません。まずは落ち着いて、前のめりになりすぎない余裕も手に入れてください。

◆自分らしさを大事にする
 実際30歳前後になると、もう若くない年齢です。自分らしさというものが確立している人が多いので、無理にそれを崩す必要はありません。若いときは男性に合わせてフットワークを軽くしておくと男性に人気も出るのですが、もう30歳前後となると、そうはいきません。男性側もアラサー女性には若い女性と同じようなものを求めてはいないのです。求めていることといえば、自分らしさをしっかり持っている、自立した女性。決して若い女性が好きな男性ばかりではありませんし、もう歳だから…といわずに、まだ自分はこれからだと自信を持ってください。そして自分らしさはそのままで男性と向き合ってみてください。わかってくれる人は必ずいます。ナチュラルな自分でいられる相手をパートナーとして選ぶべきです。

 

関連コラム

 

恋人いない歴27年から脱却!運命変える方法とは
読むだけで妊活になる…口コミで流行中の子宝メルマガの凄い内容
運命の人と出会えないと嘆く独身アラサーの悩みを解決
34才独女が出会い系サイトに足を踏み入れた理由とその結果
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by lylevincent

結婚】の最新記事
  • 彼氏が全然プロポーズしてくれない!彼の気持ちを結婚に導く方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【後編】
  • 彼氏が「結婚をはぐらかすときに使う言葉」ランキング!
  • 「結婚相手は2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • 結婚願望が強すぎるとうまくいかない? 結婚するために必要な「適度な軽さ」とは?
  • 母親からの「結婚はまだなの?」攻撃を上手にかわす方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
  • 幸せなことばかりではない!? みんなが意外と知らない「結婚後の落とし穴」