「連れて歩くにはイイ女なんだけどな」なんて男性から意味不明なセリフを吐かれて別れてしまったという経験を持つアラサー女性は少なくありません。

 

都合のよい女にならないで

 

 女性にとっては、恋愛の延長線上に結婚があると考えるのが一般的ですが、男性にとってはどうやら一筋縄ではいかないこともあるようです。男性が言う「恋愛対象」な女性と「結婚対象」な女性とは、いったい何がどのように違うのでしょうか?

 男性が女性にアプローチするときには、その女性を恋愛対象とするか結婚対象とするかを決めているわけではありません。女性とのコミュニケーションの中で、その女性が自分にとっては恋愛関係どまりなのか、それとも結婚も視野に入るのかを決断します。結婚したいアラサー女性にとっては「冗談じゃないわよ!」な男性の勝手な考え方なわけですが、男性は私たちのどこを見て、恋愛どまりか結婚対象なのかを決めるのでしょうか。

 それはずばり「都合がいい女かどうか」という点。男性の都合に合わせて自分の予定をコロコロとキャンセルしたり、男性から「会いたい」と言われると彼の家までマイカーで迎えに行ってしまうような女性は、男性にとっては「努力しなくてもついてくる女」なわけで、男性の狩猟本能を満たすことができません。同性との約束をキャンセルしてデートすることにしても、ドタキャンされてしまったり、それでも何も言えずににこにこしている女性は、男性にとっては都合のよい女以外の何物でもなくなってしまいます。浮気をされても文句も言えず、結婚したくても口に出せなくなってしまうのです。

 それでは、男性が結婚を考える女性というのは、どういう女性なのでしょうか?一言でいえば「自分の都合で振り回せない女」と言えるでしょう。つまり、夜中に「会いたい」と言われても「夜中だから無理」と断られたり、急にデートを入れようとしても「その日は予定が入っているから」と自分の思い通りに振り回せない女性なのです。自分の都合で振り回せない女性に対しては、男性は「この女性をもっと知りたい」「もっと一緒にいたい」「なんとか独り占めしたい」と思うようですね。

 男性から「都合のよい女」とみられないためには、自分という人間をしっかり持ち、男性の都合でコロコロと振り回されない芯の強さを持つことが必要です。お互いに仕事をしているので忙しいアラサー恋愛では、フレキシブルに予定を変えたりしながらデートを入れなくては恋愛も長続きしにくいのですが、同性との約束よりも彼とのデートを優先し、罪悪感も持たないような女性にはならないように気を付けたいですね。

 

関連コラム

 

「愛する恋愛」と「愛される恋愛」どっちが幸せなのか?
好きな人と結婚したいタイプが違ったら「好き」を取るべき理由
独身アラサーの悩みを深くする三大口癖を封印するべし!
恋愛で盛り上がった時、男の「好き」はどこまで信用できる?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by cloudchaser32000

結婚】の最新記事
  • 結婚占い|彼氏とゴールインするためのアドバイス
  • 結婚占い|彼は私との未来についてどう考えているの?
  • 結婚って必要なの?本当にするべき?【結婚のメリット・デメリット】
  • 結婚占い|あなたとの未来を考えているのは誰?
  • 姓名判断|片思いの彼と結婚を前提に付き合える?
  • 姓名判断|名前でわかる!あなたの結婚を遠ざけている原因
  • 決定的な違いアリ。亭主関白とモラハラって何が違うの? 
  • 既婚女性に聞いた「結婚の決め手」