婚活女子にとって重要なことは、もちろんいい人と出会い、恋人同士という関係になることですが、もうひとつ大切なハードルがあります。

 

恋愛と結婚、どちらでも意識してもらえるように

 

 それが、プロポーズ。いくらいい人と出会えても、彼にプロポーズされなくては(もしくは自分からして、了承されなければ)結婚できません!そう考えると、相手の本命になり、さらに「結婚相手として意識される」必要があるということですね。でも、ある程度の期間ずっと付き合い続けていれば、そのまま自動的に結婚相手として意識されるのか?というと、実はそうでもないようです。

 驚くべきことに、男性の約7割は、「恋愛と結婚は別」として相手を探していると言います。詳しい意見を見てみると、恋愛はドキドキさせてくれる、女性としての性の魅力も兼ね備えた人がいいという方が多いです。その他、ある程度見栄えがする(外見)ことや、一緒にいて楽しいこと、男としての自分のプライドを満足させてくれることを女性に求めます。それに対し、結婚相手には堅実さや、良い母となれるかどうか?自分の家族や親戚とうまく付き合えるか?という面も求めています。つまり、家庭の共同運営者としての能力ですね。厳しい男性の場合、料理や掃除などの家事能力も最低限身に付けていてほしい、と明確に理想を持っている方もいらっしゃいます。

 相手の男性も初めから「結婚相手」を探している場合、お互いの気持ちがある程度一致して、家族観がズレていなければそのまま(恋愛をある程度抜きにして)結婚を前提にしたお付き合いをすればよいですが、いわゆる「普通の手順」として、恋愛をしてそこから結婚しようと思うと、超えなくてはならないハードルは多いことがわかります。つまり、「愛される女性になる」と一口にいいますが、その実は、まず恋愛対象として相手を男としてドキドキさせ、本命の彼女になって、そのうえで結婚相手として未来を考えられる対象にならなくてはならない、ということ。婚活女子には、実にたくさんの能力を求められるものですね。

 もしも本気で婚活を成就させたいと思うなら、取ることができる方法はいくつかしかありません。まず、恋愛と結婚は同じ!と考える3割の男性とシンプルに仲良く付き合うこと。この場合は、付き合い続けているとそのまま結婚という話も出てくるかもしれません。次に、恋愛と結婚相手、どちらでも意識してもらえるように努力し、2つのハードルを超えること。最後に、結婚相手を求めている男性と付き合い、結婚相手としてのアピールをすることです。自分に合った方法で、婚活を成就させてくださいね!

 

関連コラム

 

恋を諦めてしまうその前に…劇的な復縁婚が増えている!
同棲相手とのマンネリを脱出して一発逆転ゴールインする方法
婚活、復縁、恋愛の悩みを解決する成功の法則とは?
人見知りで99%諦めていた恋愛運を上昇させ結婚につなげる方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by MatanSantiago

結婚】の最新記事
  • 年齢を重ねるごとに結婚への焦りが?「もう遅い」と思わなくて良い理由
  • 「結婚するなら医者がいい」は危険? 医師奥様のリスクとは
  • これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?