アラサーで「結婚したい!」と思っている女性にとって、年齢が大きな壁になっていると感じる場面は多々あります。

 

できるだけ積極的に

 

 実際、20代のうちは合コンの誘いなどもたくさんありますので、出会いのチャンスは意外と多いものです。しかし、アラサーになってくるとどんどんその数は減ってしまいます。すると必然的に出会いのチャンスも減っていってしまうのです。年上女性が好きな男性も増えていますが、基本的に男性は年下の女性が好きなものです。そうした状況の中アラサーで婚活で成功して結婚できる女になるためには、これまでと婚活の仕方を変えていかなければいけません。

 20代までの婚活のスタイルは、待ちでも大丈夫です。若いというだけで引く手あまただからです。出会いのチャンスもたくさんありますので、その向こうからやってくるのを待ってそれから好みや条件の合う人を選ぶということができます。これまで待ちの婚活しかしたことがなかった人であっても、アラサーになってきたならばスタイルを変えて攻めに転向しなければいけません。待ちのままでいたのではいつまでたっても結婚できる女になることはできないからです。

 攻めの姿勢で婚活に臨む場合に一番効率的な方法は結婚情報サービスを利用することです。こうしたサービスの利用をするのは「自分は恋愛結婚ができません」と公表しているようでイヤだと考える人もいますが、そうした考えでいたのではいつまでたっても結婚できないままです。お見合いやマッチングサービスなどで出会ったとしても、それは出会いの1つの形と言えます。また、サービスを利用してお付き合いが始まったからといって、恋愛にならないということもありません。恋愛のための出会いの幅を広げるツールと考えれば良いのです。

 結婚情報サービスを利用する場合にも、できるだけ積極的に参加していくというのが良いでしょう。こうしたサービスは登録しておくと定期的にマッチングに合った男性を紹介してくれます。それをただ紹介してもらっておしまいにしてしまうのではなくて、メッセージの交換をしたりして男性との親睦を深めていくのです。

 また、自分一人ではなかなか進めていくことが難しいというのであれば、インターネット上でSNSのように利用できるものではなく昔ながらの結婚情報サービスを利用する方が向いているかもしれません。そうすれば担当者がついてアドバイスをもらいながら自分に合った人を紹介してもらうことができるからです。

 

関連コラム

 

出会いが少ない職場でも恋人はできる?もう一つの運命を探す方法
恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザ
男が見せる恋愛サイン、無意識の行動って?
婚活、復縁、恋愛の悩みを解決する成功の法則とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by NI-YAO

結婚】の最新記事
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由