交際期間が長くなると、やっぱり「結婚」の文字がだんだん浮かんできますよね。愛して愛される恋愛関係も素敵だけれど、やっぱり年齢的にもアラサーになれば交際の先には結婚というゴールインをしたいものです。

 

彼が病気になった時がチャンス

 

 交際も順調なのになかなかプロポーズしてくれない彼氏の気持ちに火をつけて、一気にプロポーズまで持ち込むためには、どんなテクニックを使えば良いのでしょうか?
 
 彼氏が一人暮らしをしている人は、彼が病気になった時がチャンス。看病に行きましょう。ただし、彼は病気で体調が悪いのですから、いつまでも長居したり、恩着せがましく甘えるのはNG。料理や洗濯など彼ができない事を手早くさっとして、「彼女がいれば、病気になった時でもほっとできる」と彼に思わせることが大切です。
 
 「彼は体調が悪くても、寝てればなるからと言って、私を寄せ付けません。」(なるみ・仮名)のように、病気になっても強がって弱みを見せたがらない男性も少なくありません。そんな時には、薬や飲み物を持っていったり、自宅で病人食を作り、彼の家では温めるだけにして持参するなど、彼に負担をかけずに彼をサポートできる方法を見つけましょう。
 
「彼の胃袋を制する者は結婚を制す」という言葉もある通り、彼に手料理をふるまうのも、彼に結婚を意識させるキッカケとなります。同棲している場合には手料理も毎日になってしまい、当たり前な存在になってしまうリスクもありますが、たまに手料理を作る場合には、自分が得意な料理を作るのではなく、彼が好きな料理を彼好みに作るのがポイント。もちろん、健康面や栄養面も考えながら作れば、彼が「きっといい奥さんになるんだろうな」と結婚を意識するきっかけになるはずです。
 
 彼がどんな料理を好きなのかは、交際中なら普段の会話から情報収集しておきましょう。レストランで彼が何を頼むのかをチェックしたり、よく頼むものを覚えておくのもおすすめ。カレーやハンバーグなどボリュームたっぷりなものが大好きという男性も多いのですが、アラサー以上になると栄養面にも気を付ける男性が増えてくるので、肉じゃがや味噌汁、卵焼きのようにコッテリではないけれど家庭の雰囲気が出る味を演出できると良いでしょう。料理の腕に自信がある女性の中には、時間をかけて凝ったものを作る人も少なくありません。しかし、男性にとっては凝ったものもシンプルなものも胃袋に入れば同じという人も多く、短時間でさっと料理したほうが「料理上手」という印象を与えるようです。
 
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by efradera
 
■彼からプロポーズさせる!?決意をうながす場面4選
■カップル占い|彼は私との結婚を想像したことがありますか?
■結婚占い|近いうちにあの人からプロポーズされますか?

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚をなかなか決めないずるい男の心理と末路
  • 姓名判断|あなたの結婚を遠ざけてしまう?今見直すべき結婚観とは?
  • 結婚占い|彼は今結婚についてどう考えている?
  • 結婚願望が強い女性は注意!結婚詐欺の手口とは?
  • 結婚占い|今の彼氏との未来は結婚に繋がっている?
  • 専業主婦のリスクとは? キャリアアップの望めない無償労働が続く?
  • 新婚さんに予言?結婚5年目が幸せな夫婦生活の分かれ道になる理由
  • 結婚占い|「結婚は考えられない」という彼、別れたほうが良い?