職場恋愛を敬遠する人は多いですが、経験している人も意外と多いですよね。
イギリスのタブロイド紙『デイリー・メール』の2013年の報道によると、成人男女2000人を対象に、「カップルの出会った場所と恋愛の成就度」が調査されたそうです。
 
この調査によって、「職場で出会った男女は結婚に結びつく可能性が高い」ということがわかりました。
 
1日に何時間も同じ場所で過ごしている男女は、同僚以上に絆が深くなるのだそう。意外とあった、職場結婚のメリットについてお伝えします。
 

出会いの場所が恋愛を左右する!?

 

調査に回答した2000人のうち、職場で知り合ったカップルの14%が結婚に至ったことが判明。それに比べ、友達の紹介で出会ったというパターンの結婚率は11%。さらに旅先や休暇中の出会いの場合もほぼ同数の10%という結果でした。
 
一方で、クラブやバーなどお酒が絡む場所での出会いの場合、23%の人が「一夜限りの関係に終わった」と告白しています。やはり、出会った場所や状況が恋愛に与える影響は大きいようです。
 
以下、実際に職場で知り合って結婚したという方たちに、「職場結婚のメリット」について、アンケートをとった結果をご紹介させていただきます。

その1:スケジュール確認が簡単

 

「社内のイントラネットで、旦那のスケジュールも確認できるので、連絡がなくて困るとか、何をしているのか分からないなんて心配はないですね。お互い、スケジュールに関しては嘘のつきようがありません」(30歳/IT関連)
 

その2:共通の知り合いがたくさんいる

 

「結婚して数年は同じ会社で働いていましたが、私は出産を機に退職。でも、同僚とは相変わらず連絡を取り合う仲なので、こちらが聞かなくても色々な情報が入ってきます。旦那からは聞いていないけど、実は決算賞与が出ていたとか……(笑)私の大事な情報網ですね」(31歳/主婦)
 

その3:給料について把握できる

 

「給与改定の時期も知っているし、どれくらいの上り幅なのかも大体わかるので、お互いの給料についてしっかり把握することができます。でも、ボーナスに関しては、あまり知られたくないなってことはありますけどね。悪いことはできないという思いがあるので、ある意味このストイックな環境はお互いのためになっていると思います」(28歳/秘書)
 

その4:ランチタイムを一緒に過ごせる

 

「育児休業を経て、主人と同じ職場に復帰しました。でも、今は出勤時間や退社時間が違うので、家では会わないなんてことも珍しくありません。その分、会話がなくならないようにと、ランチタイムは一緒に過ごすようにしているんです。貴重な1時間ですね」(27差/メーカー)
 

出会いはいくらでもある?

 

「別れた後が気まずい」「公私混同したくない」などなど、社内恋愛を嫌がる人は多いですよね。でも、社内恋愛だからこそのメリットもあるようです。
 
「出会いがない!」と嘆いている人は、社内の男性にも目を向けてみてはいかがでしょうか? 視点を変えれば、いくらでも出会いはあるのかもしれませんよ。
 
(参考)
Mail Online/Looking for love? Try the office! Relationships that begin in the workplace most likely to result in marriage
(http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2437181/Relationships-begin-workplace-likely-result-marriage-new-study-reveals.html)
 
(yummy!編集部)
 
■社内恋愛でトラブルが発生! そのときはどうすればいいの?
■社内恋愛を成功させる3つのコツ
■逃げるが勝ち?社内恋愛泥沼エピソード
 

結婚】の最新記事
  • 彼氏が全然プロポーズしてくれない!彼の気持ちを結婚に導く方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【後編】
  • 彼氏が「結婚をはぐらかすときに使う言葉」ランキング!
  • 「結婚相手は2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • 結婚願望が強すぎるとうまくいかない? 結婚するために必要な「適度な軽さ」とは?
  • 母親からの「結婚はまだなの?」攻撃を上手にかわす方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
  • 幸せなことばかりではない!? みんなが意外と知らない「結婚後の落とし穴」