婚活という言葉が普通に遣われるようになって早数年。もはや婚活は合コンより主流といっても過言ではないでしょう。しかし、NHKの放送文化研究所による意識調査ではおもしろい結果が出ていました。

なんと「結婚=幸せ」と思っている人より、「結婚しても幸せとは限らない」と思っている人が多いということが判明。

とくに女性は、男性よりも現実的な回答をしている人が圧倒的多数。それなのに婚活ブームはいまだに終息の兆しを見せません。この矛盾は、いったいなぜ起こるのでしょうか?

疑問を解消すべく、“婚活”と“結婚”の違いを婚活女子たちに訊ねてみました。

 

結婚=幸せには直結しない!調査で判明

 

NHKの放送文化研究所が全国の16歳以上の男女1800人を対象に行った調査によると、「結婚している方が幸せ」と回答したのは全体の29%。
一方、「そう思わない」と回答したのは28%と、結婚を現実的に見ている人が多いようです。

男女別の回答を見てみると、「結婚している方が幸せ」と回答した未婚の女性は25%。一方、「そう思わない」と回答した女性は36%にも上りました。

結婚が幸せというわけではないのに婚活はする……そんな女子に、「なぜ?」をぶつけてみました。

 

結婚にはシビア…でも「婚活」はする女性の本音

 

●その1:老後の不安

「世の中の離婚率を考えたら『結婚=幸せ』と安易には考えられない。でも老後に一人になるのは不安だから、できれば結婚したい」(28歳/不動産)

●その2:出産の年齢制限

「結婚そのものへの憧れはないんですが、やっぱり親に子どもの顔を見せてあげたいですね。年齢的にも急ぎたいので、婚活しています」(30歳/出版)

●その3:加齢にともなう世間の目

「もともと結婚願望は薄め。だけど、女性が一生仕事して食べていくのは、社会情勢的にも日本の風習的にも無理があると感じます。出世していける能力もあるかわからないですし」(32歳/製造)

●その4:幸せな家庭への憧れ

「幼いころから、顔を合わせればケンカばかりする両親を見てきたので、私の中で結婚は幸せと結びつきませんね。自分こそは失敗しないぞ、幸せな家庭を築くぞ、と思って婚活しています」(32歳/飲食)

●その5:結婚は生きる術

「自由はお金で買えるというように、『結婚=自由をお金に換算すること』だと思っています。私は仕事人間になれないタイプなので、ラクに生きていくために結婚は必須」(29歳/アパレル)

●その6:結婚と独身の違いを知りたい

「結婚に偏見はないけど、結婚願望もないです。でも周囲に『結婚しないの?』と聞かれすぎて、そんなに今の生き方よりいいものなのかと知りたくなりました。一度経験しておいてもいいのかなと思い、婚活中です」(34歳/看護師)

 

婚活は結婚するため…では結婚は何のため?

 

女性達の意見は、想像を絶するシビアさです。しかし、妙に納得できると思いませんか?

バブル期のなごりである、高学歴、高収入、高身長のいわゆる「三高」と呼ばれる結婚条件。
現在の婚活市場では「三低男子」を求める女子も増えてきており、以前と比べれば男性にばかり高い条件を求める女性は減ってきていますが、それでも婚活の世界ではいまだ健在の「三高」。

しかし、それはある意味彼女たちの「結婚に夢なんて抱いていない」というシビアすぎる考えを男性たちに悟られないよう、カムフラージュするためなのかもしれません。

何のために結婚をするのか。老後のため? お金のため? それとも愛のため?

あなたは結婚と幸せについて、どう思いますか?

 

関連コラム

 

【独身 VS 既婚】幸福感が高いのはぶっちゃけどっち?
何人出会ってる?婚活女子は出会いを今すぐ増やすと約束しなさい
結婚して後悔!離婚経験者だけが知る意外なチェックポイント4つ
離婚経験者が激白!幸せそうだけど実は破局を招く3つの習慣
Written by くらげ雲
Photo by anka nevasilyeva

結婚】の最新記事
  • 「一生独身かも…」アラサー女が結婚へ危機感を感じる瞬間10選
  • 元彼と復縁、そして結婚!彼とヨリを戻したい時の方法
  • 結婚、恋の悩み…アラサー女子必見!正しい占い師の見分け方5選
  • 結婚の幸せって何だろう? 婚活アドバイザーが語る結婚の真実
  • どんな外見?あなたの結婚相手の顔と体型
  • 独身のうちに、あなたがしておくべきこと
  • 漢字でズバリ!あなたの結婚相手の「名前」
  • あなたと結婚する確率【98%超】の人物。結ばれる理由はコレ!
あなたへのおすすめ