先日、モデルでタレントの鈴木奈々(25)が、4年付き合った一般男性から、富士山が見える河口湖でプロポーズされたことを明かしていました。

先月22日に世界文化遺産に登録された富士山は、いま話題の場所として注目されていることもあり、さぞや記念に残るプロポーズになったことでしょう。

女に生まれたからには一生に一度、愛する人からステキなプロポーズをされたいものですよね。

そこで、既婚者女子の心に残ったプロポーズ場所とシチュエーションをリサーチしてみました。

 

心に残った!胸キュンプロポーズ5選

 

●その1:神秘の瞬間

「世間が翌朝の金環日食に沸く中、『たまたま休みが取れた』と、彼氏が夜中に私のアパートにやってきました。翌朝『君に世界一の指輪をあげるよ!』と外に出るも、曇り空が広がるばかりで、金環日食を見ることができずに落ち込む彼……。ポケットから『これで我慢して』と指輪を取り出す姿に、思わず噴き出してしまいました」(30歳/ライター)

●その2:愛の絶叫マシーン

「『富士急ハイランドに行きたい』と言い出した彼。最初のデートで富士急に行ったときは、絶叫マシーンに乗って泣きべそをかきながら『二度と来ない!』と言っていたのに……。今回も顔面蒼白になりながらジェットコースターに乗りこんだ彼。落下する直前に『初デートのリベンジをするよ。結婚しー!!!!』 と大絶叫。どうせなら『してください』までちゃんと言えよ! と思いましたが、彼の覚悟は伝わったので、良しとしました」(26歳/講師)

●その3:オシャレなバーでまさかの選曲

「ジャズバンドを組んでいる彼が、バーでライブをすることになったので、聴きに行きました。するといつもはサックスを吹いている彼が『今日は一曲歌います!』と言って、加山雄三の『お嫁においで』を歌い始め、私の前に来て『ぼくのお嫁においで〜♪』と指輪を差し出されました。確かにプロポーズは夜景が見えるオシャレなバーが良いと言っていましたが、まさかこの曲で来るとは……やられました」(32歳/会計士)

●その4:ゴールの先には

「マラソン大会で知り合った彼と、一年後に同じマラソン大会に出場しました。『手を繋いでゴールしよう』とバカなことを言っていた彼でしたが、ゴールが目前で急に行方不明に……。彼を探してゴール手前でウロウロしていたら、ゴールの向こう側にタキシードを着た彼が花束を持って跪いていました。『新しいスタートラインを一緒に』と言われて号泣」(28歳/歯科衛生士)

 

プロポーズはどんなシチュエーションでも!

 

2012年に結婚相談所サイトのオーネットが「理想のプロポーズの場所」をアンケートした結果、「夜景がキレイな場所」「オシャレなレストラン」を押さえて、1位に輝いたのは「場所にはこだわらない」でした。

縁もゆかりもないオシャレスポットよりも、プロポーズのタイミングや2人の気持ちが盛り上がる場所ほうが、きっと一生の思い出に残るからなのでしょう。

この結果をふまえ、男性には気負いせずにどんどんプロポーズをしていただきたいものですね。

 

関連コラム

 

彼氏ナシの独身女性が急増中!? その理由が明らかに
ときめきが消えた!?彼の気持ちを取り戻したメール××とは?
求婚しない男が増えている?男が「プロポーズしよう」と思うとき
なぜか祝福できない…アラサー女子が嫉妬する●●結婚6パターン
Written by ハラカナエ
Photo by photostock

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 子供はもう一人欲しいけど、生活が…どうしたらいい?
  • 今の彼は結婚相手にふさわしいでしょうか?
  • あなたが結婚するために必要なことと、あなたを意識する人とは?
  • 子供がいない私たち…それでも幸せになれますか?
  • 「結婚のチャンス」はいつあなたに訪れる?
  • 永遠の誓いを交わすような時は私にもきますか?
  • あなたの結婚のチャンスはここに潜んでいる!今最も可能性を秘めている良縁とは?
  • 二人の恋は結婚につながっている?