女性に生まれたからには一生に一度、愛する人から、素敵なシチュエーションで、最高のプロポーズをされたいものですよね。
 
夜景の見える丘、ディズニー、富士山などなど……。選択肢は無数にあります。どこでプロポーズするのか考えあぐねてしまう男性も多いのではないでしょうか。
 
そこで、既婚者女子の心に残ったプロポーズ場所とシチュエーションをリサーチしてみました。もし、これをみている男性は、最高のプロポーズのヒントになるかもしれませんよ。
 

その1.神秘の瞬間

 

「世間が翌朝の金環日食に沸く中、『たまたま休みが取れた』と、彼氏が夜中に私のアパートにやってきました。翌朝『君に世界一の指輪をあげるよ!』と外に出るも、曇り空が広がるばかりで、金環日食を見ることができずに落ち込む彼……。ポケットから『これで我慢して』と指輪を取り出す姿に、思わず噴き出してしまいました」(30歳/ライター)

その2.愛の絶叫マシーン

 

「『富士急ハイランドに行きたい』と言い出した彼。最初のデートで富士急に行ったときは、絶叫マシーンに乗って泣きべそをかきながら『二度と来ない!』と言っていたのに……。今回も顔面蒼白になりながらジェットコースターに乗りこんだ彼。落下する直前に『初デートのリベンジをするよ。結婚しー!!!!』 と大絶叫。どうせなら『してください』までちゃんと言えよ! と思いましたが、彼の覚悟は伝わったので、良しとしました」(26歳/講師)
 

その3.オシャレなバーでまさかの選曲

 

「ジャズバンドを組んでいる彼が、バーでライブをすることになったので、聴きに行きました。するといつもはサックスを吹いている彼が『今日は一曲歌います!』と言って、加山雄三の『お嫁においで』を歌い始め、私の前に来て『ぼくのお嫁においで〜♪』と指輪を差し出されました。確かにプロポーズは夜景が見えるオシャレなバーが良いと言っていましたが、まさかこの曲で来るとは……やられました」(32歳/会計士)

その4.ゴールの先には

 

「マラソン大会で知り合った彼と、一年後に同じマラソン大会に出場しました。『手を繋いでゴールしよう』とバカなことを言っていた彼でしたが、ゴールが目前で急に行方不明に……。彼を探してゴール手前でウロウロしていたら、ゴールの向こう側にタキシードを着た彼が花束を持って跪いていました。『新しいスタートラインを一緒に』と言われて号泣」(28歳/歯科衛生士)
 

さいごに

 

2012年に結婚相談所サイトのオーネットが「理想のプロポーズの場所」をアンケートした結果、「夜景がキレイな場所」「オシャレなレストラン」を押さえて、1位に輝いたのは「場所にはこだわらない」でした。
 
縁もゆかりもないオシャレスポットよりも、プロポーズのタイミングや2人の気持ちが盛り上がる場所ほうが、きっと一生の思い出に残るからなのでしょう。
 
この結果をふまえ、男性には気負いせずにどんどんプロポーズをしていただきたいものですね。
 
(yummy!編集部)
 
■【その結婚、断る!】みんなが体験したありえないプロポーズ集
■全然憧れない!クサ過ぎてついていけないプロポーズの言葉9選
■こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」
 

結婚】の最新記事
  • 【彼氏の本音】結婚を意識した決め手は何?
  • 煮え切らない彼から「結婚しよう」を引き出す魔法の言葉5選
  • プレゼントを転売……「母の日」の嫁姑バトル
  • 人生最高のイベントになるはずが…… 絶対に友達をなくすNG結婚式3選
  • もしかして私、嫌われてる? 義母の一言でわかる、姑の本音
  • こんなはずじゃなかった! 夢見ていた新婚生活とのギャップを感じた瞬間
  • 史上最悪! 二度と参加したくない“衝撃結婚式”エピソード
  • 結婚を決められる女・決められずに婚期を逃す女の違い