両乳房の切除手術を受けたアンジェリーナ・ジョリーに、夫であるブラッド・ピットが涙ながらに愛の気持ちを込めた手紙を読み上げたそうです。

ふたりは、この苦難でお互いの絆を深めることができ、7月にも結婚をする準備を進めているのだとか。

女に生まれて来たからには、このようにステキなプロポーズをされてみたいものですが、なかなか気の利いたプロポーズをできる男性は少ないよう。

思わず「なんじゃそりゃ!?」と言わずにはいられない、へんてこプロポーズを受けた女子にその体験を聞いてみました。

 

「なんじゃそりゃ!?」女子が受けたへんてこプロポーズ

 

●その1:モノマネ

「『たかた』という名字の彼が、某社長のモノマネをしながら『あなたのすべてを、このたかたが全部負担します!』と、ドヤ顔でプロポーズしてきました。突然のことで固まっていると、『一生返品いたしません!』と、さらに甲高い声を出す彼。ものまねのクオリティが高く、驚きました」(32歳/受付)

●その2:モノマネ パート2

「デートの途中、彼が『忘れ物をした』と言い出し、勤務先の予備校に向かうことに。中には誰もいなかったので、一緒に教室に入って行くと、いきなり彼が『好きな人とは一緒にいたいでしょ? 結婚しかないでしょ! じゃあ、いつするの? 今でしょう』と、黒板を叩きながら絶叫」(26歳/教育)

●その3:生命保険

「いまどきの草食系で、栗原類ばりのネガティブな彼が、『これにちゃんと入るから……』と生命保険の契約書を渡してきました。ワケが分からずに理由を聞くと、『ちゃんと先にお墓に入るので……お願いします』と、婚姻届を渡してきました。保険金が支払われること前提なんて、ネガティブにもほどがある!」(36歳/出版)

●その4:カミングアウト

「私がペットを飼おうとしていることを知った彼が、『忠犬はどう? ちゃんとしつけられてます!』と、お手をしてきました。呆気に取られていたら、『なんならしつけ直してくれても……いや厳しく躾けられたいかも! 一生調教してください、女王様!』とカミングアウトしつつプロポーズされました」(35歳/ネイリスト)

●その5:当選率UP

「この春からアパートの家賃が値上がりになり、彼にグチっていたら『結婚したら、都営住宅の当選率がいまより高くなるの知ってる?』と言う彼。『水道代も無料なの知ってる?』と、次々と誘惑され、気が付いたらその足で婚姻届を取りに行っていました」(30歳/イラストレーター)

 

大切なのは言葉ではなく気持ち

 

「なんじゃそりゃ」なプロポーズばかりでしたが、男性のひたむきな気持ちが伝わって来るようで、なんだか微笑ましく感じませんか?

どうしても女子は、一生に一度のプロポーズに夢を抱いてしまいがちですが、大切なのはお互いの気持ちです。

へんてこなプロポーズに自分たちらしさを感じることができたのなら、きっとステキな結婚生活を築いていけることでしょう。

 

関連コラム

 

50歳が29歳に見間違われる!?驚きのコスメの正体とは?
カラダから汚れた水を排出!むくみと便秘を同時に解消する方法
散々です!アラサー女子が彼との初デートでがっかりした体験談
ムードたっぷりのはずが…!? ラブホでの爆笑珍エピソード5選
Written by ハラカナエ
Photo by seanmcgrath

結婚】の最新記事
  • 姓名判断|幸せになれる?あなたの結婚運
  • 結婚占い|運命の結婚相手、もう出会っていますか?
  • この人は運命の人? 結婚に繋がっている?
  • 誕生日でわかる!あなたの結婚運
  • 名前で占うあなたの運命!一年以内に結婚できる可能性
  • 運命の出会いはもうすぐ? 結婚に繋がる恋
  • 誕生日で占う!今のあなたの「結婚運」
  • 二人の未来鑑定|今の彼氏と結婚する可能性は?