一般的に「婚活」と聞くと、結婚適齢期の男女が行う活動を連想するもの。
 
しかし、最近では結婚していない子どもをもつ親同士が、子ども同士の情報交換を行うなど、子どもの代わりに婚活する「親活」が盛んになっています。
そこまでするか……と引いてしまいそうになりますが、親は親なりに必死のようです。
 
親活の実態について聞いてみました。
 

おせっかいすぎない? 「親活」の実態

 

親が子どもの代理としてお見合いや情報交換を行う「親活」。
適齢期を過ぎても結婚しない子どもを心配する気持ちはよくわかりますが、ちょっとおせっかい過ぎない? と思ってしまうのも事実。
 
実際に親活をしている親をもつ人に、その実態を聞いてみました。

親活に対する子どもの本音 親同士の婚活パーティに参加する親

 

「親が親同士のお見合いパーティに参加していました。最近やたら『相手に望む年収は?』『年齢はいくつまでがいいの?』とリサーチされているなと思ったら、そういうことでした……パーティで見つけてきた男性について『こんな人がいてね。どうかしら?』と説明されました。お節介すぎてイヤ!」(32歳/IT)
 

親活に対する子どもの本音 親同士の婚活バスツアーに参加する親

 

「良縁・結婚祈願の神社参りや婚活セミナーの受講がセットになった婚活バスツアーに、うちの親が参加していたみたいです。さらに親同士の見合いパーティもオプションで付いてくるとか。そんなことにお金を使わないでほしい!」(34歳/公務員)
 

親活に対する子どもの本音 見合い用のリストを送りつけてくる親

 

「田舎の親がお見合い用にとまとめた、地元の未婚男性リストを送ってきます。正直、都会に住んでいる私とは合わなそうな男性ばかり。本当に興味ないです。私はまだ31歳だし、都会では31歳で独身でもおかしくないんだよと話しても、聞く耳をもってくれないんですよね」(31歳/メーカー)
 

親活に対する子どもの本音 父親の会社の男性を紹介してくる親

 

「帰省する度に『33歳にもなってまだ独身なんて心配よ』としか言わない親。とうとう先日、父親が勤務する会社で働く若手男性(40代)を紹介してきました。メールにその人の名前とメールアドレスが書かれていて『まずはメールから始めなさい』って。顔も分からないし、話したこともないのにメル友かよ! 中高生じゃないんだし……とびっくりしました」(33歳/コンサル)

親活に対する子どもの本音 婚活系イベントのリストを作る親

 

「婚活パーティや婚活バスツアー、街コンにいたるまで、婚活に関するあらゆるイベントを、同居している親がまとめてリスト化して見せてくるんです。どう思いますか? カレンダーにもイベントの日に丸が付けられていて。うちにいると圧迫感しかありません」(33歳/保険)
 

親を安心させるためには優しいウソも……

 

未婚の子どもを心配する気持ちもわかりますが、「相手くらい自分で見つけるよっ!」と言いたいのが子どもの本音。
 
あまりにも口うるさい場合には、「実はいい人いるんだ」とやさしいウソをつくくらいで、ちょうどいいのかもしれません。
 
(yummy!編集部)
 
■頑固でしつこい親に効く!「結婚は?」の催促を黙らせる方法
■しつこく結婚をすすめてくる人への対処法
■親時代の恋愛の常識~今と全然違う!?~
 

結婚】の最新記事
  • 「結婚しない男」と「結婚できない男」の見分け方とは?
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】
  • みんなどうして結婚するの? あなたが結婚したいと思う理由について
  • 家事、金銭感覚、食事――価値観にギャップのある彼との結婚ってどう?
  • 実家暮らしの女性は、一人暮らしの女性よりも結婚が難しい?――3つの理由
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?