彼氏と婚約をして、幸せな結婚生活を送れると思ったら、直前になって女性側から破談にするケースが意外にも多いようです。
せっかく勝ち取った幸せを目の前にして、破談にしてしまったその理由とは一体なんだったのでしょうか?
 
直前になって結婚を破談にした女性たちに、その理由を聞いてみました。
 

その1:彼がうつ病に……

 

「12月に結婚式を予定していました。税理士の彼にとって12月は仕事の忙しい時期で、過労と結婚式準備の疲れからかうつ病を発症。精神不安定になり、仕事を辞めて家に引きこもるようになってしまいました。そんな彼の弱々しい姿に、結婚生活を送っていく自信を失い、破談に」(27歳/Webデザイナー)

その2:ねずみ講一家

 

「彼の実家に挨拶に行ったときに、彼の親戚がねずみ講にハマっている事を知りました。結婚の挨拶にいったのに、会員にならないかと勧められ……。愛だけでは乗り越えられない壁を感じてその場で破談にしました」(28歳/広告)
 

その3:付きまとう元カノの影

 

「結婚式の1週間前に、彼の元カノに結婚式をキャンセルされました。私を装ってキャンセルの電話を入れたらしく、結婚式場からキャンセル料の請求書が届いたことで判明。彼と結婚したら、この執念深い元カノと対峙しなくてはいけないと考えたら恐ろしくなり、結婚を取りやめました」(26歳/医療)
 

その4:婚約後に急変した彼

 

「4年付き合った年上の彼は、婚約後、急に束縛が激しくなりました。男性と2人で会うことを禁止され、男友達への結婚式招待状も破棄されてしまいました。そんな彼の変貌ぶりに、耐えられず別れを切り出しました」(31歳/IT)
 

その5:奇跡の両想い

 

「Facebookで昔好きだった男性に結婚の報告をしたら、実は長い間両想いだった事が判明! その結婚は破談にし、今は昔好きだった彼と幸せに暮らしています。やっぱり結婚相手は焦って探すものじゃないですね」(33歳/編集)

その6:バツイチのはずが既婚者

 

「結納2日前に破談しました。彼がバツイチということを承知で付き合っていたのですが、結婚が決まってから、彼が元妻との籍を抜いていなかった事が発覚し、彼を全く信じられなくなりました。結納を交わす前にわかって本当によかったです」(27歳/アパレル)
 

その7:母の嫉妬心

 

「彼との結婚を、母の嫉妬心によって壊されました。彼を母に紹介してから、彼に送り迎えをさせたり、無理な命令をしたりと、その扱いはいじめレベル。彼に申し訳なくなり、別れを切り出しました。結婚が破談になってから、母に『あなたがお嫁にいって独りになるのがいやだった』と泣いて謝られました。実の親ながら、恐怖を覚えました」(29歳/商社)
 

さいごに

 

いかがだったでしょうか? なかでも多いのは、結婚前に知らされていなかった事実を結婚後に明らかにされるケースでした。
 
赤の他人がひとつの家族になるという結婚の直前には、思いがけないトラブルが起こりやすいものでもあります。
せっかく勝ち取った結婚を無駄にしないためにも、彼女たちの経験談を反面教師に、その時に備えておくといいかもしれません。
 
(yummy!編集部)
 
■その婚約、ちょっと待った……!本当にあった婚約破棄エピソード3選
■ああ、悲惨!彼氏から婚約破棄された女のエピソード5選
■史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

結婚】の最新記事
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】
  • みんなどうして結婚するの? あなたが結婚したいと思う理由について
  • 家事、金銭感覚、食事――価値観にギャップのある彼との結婚ってどう?
  • 実家暮らしの女性は、一人暮らしの女性よりも結婚が難しい?――3つの理由
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?
  • 男性は「プロポーズの準備」に余念がない。
  • 婚約しなければよかった……豹変して正体を現した地雷男!