「やっぱり結婚相手は次男がいい。相手の親と同居なんて絶対無理!」

そう思っている女子の皆様、今は長男、親と同居はそう悪い条件ではありません。

現代女性の結婚には、もっと問題にしなければならない条件があるんです。

筆者の周囲の女性の実体験から、いま結婚相手を選ぶ際に注意すべきポイントをご紹介します。

 

女性の仕事に理解のある姑が増えている

 

アキコさんの結婚した相手は10歳年上の長男、義母は70歳を越えているので同居となりました。

義母はアキコさんが仕事を続けることに大賛成。

とても協力的で、彼女が帰宅したら夕食は出来ているし、洗濯物は畳んであるし、大助かり。

やがて夫婦に子どもが生まれると、保育園への送り迎えも義母が手伝ってくれるので、アキコさんはすぐに仕事に復帰することができました。

もちろん家では気を使うことも多く、いろいろ問題はあるけれど、仕事を続けるうえで義母はなくてはならない存在だとアキコさんは心から感謝しているそう。

昔と違って最近の親世代は、女性が働き続けることに理解のあるひとが多くなっています。

家にお金をもたらしてくれる嫁を大事にし、嫁は子育てを手伝ってもらって、お互いによい関係を保てる場合があるのです。

 

義両親より問題なのは、○○の存在!?

 

さて、実は現代、姑より大きな問題となっているのが、「独身の親戚」の存在です。

2010年の総務省労働力調査によれば、35〜44歳の未婚者で、親と同居している人は、男性184万人、女性111万人の計295万人!

これは同世代未婚者の中でなんと、69%にも上るのです!

しかも、彼らが親と同居する主な理由は、お金。

こうした未婚の男女がそのまま一生独身だとしたら、どうなるのでしょう?

ある50代主婦ユウコさんには、独身の義兄がいました。

義兄はずっと両親と同居していたので、あまり顔を見ることもない存在でしたが、その両親も数年前に亡くなってしまい、それから一人暮らしをしていました。

ある日、義兄が病気で入院したとユウコさんに連絡が入りました。

他に身寄りのない義兄を、ユウコさんが面倒をみることになってしまったのです。

入院や手術の保証人、および立会い、見舞いや日用品の管理などの世話、留守宅の管理、これらすべてがユウコさんにのしかかってきました。

しかも義兄は仕事も転々としていたため、保険には加入していないし、ほとんど貯金もない状況。

入院が長引いてお金が足りなくなったら、誰が払うのでしょうか。

ユウコさんには高校生の息子さんが2人。

これから大学進学でお金が一番要るときに、思わぬ出費がやってきそうで真っ青になっています。

 

社会の変化をキャッチして幸せな結婚へ

 

親に頼って暮らしている独身男女が親を失うと、身寄りがなくなってしまいます。

人は必ず年を取り、他人のお世話にならなければならない時がきます。

そこで大きな問題になるのが「お金」です。

いくら血縁だからといって、あまり会ったこともないような親戚のために経済的な負担を強いられるのはイヤですよね。

これからは、親と同居の長男は大歓迎。

まずは、独身の親戚の有無をチェックしてから結婚相手を選んだほうがよさそうです。

 

関連コラム

 

栗原類は結婚相手に最適!? 知られざるネガティブ男子の魅力
男が決して明かさない本音!今カノと結婚に踏み切れない理由7選
「恋の告白」を有利に進めるハワイ発の守護石
男性との距離を縮める禁じ手「キス」の奪い方5選
Written by 杉本レン
Photo by Timeless Photography

結婚】の最新記事
  • 「結婚相手は2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • 結婚願望が強すぎるとうまくいかない? 結婚するために必要な「適度な軽さ」とは?
  • 母親からの「結婚はまだなの?」攻撃を上手にかわす方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
  • 幸せなことばかりではない!? みんなが意外と知らない「結婚後の落とし穴」
  • エリートと結婚して幸せマウント爆発! そんな女友達に待っていた不幸な結末とは【後編】
  • 女性が「本当に結婚できるのかな…?」と不安になる瞬間3選
  • 「一生独身かも…」女性が結婚へ危機感を感じる瞬間10選