「同棲したての頃は幸せいっぱいだったのに……」

そうつぶやく女子は後を絶ちません。

その後はズルズルと時間が過ぎていき、いつしか単なる同居人へと変貌。

あるいは数年同棲したものの結婚にいたらず、アラサーを過ぎて破局……。

そのような悲劇に陥っては大変です。

同棲した後にきちんと結婚につなげるコツを、同棲後に結婚したカップルから調査します。

 

同棲しても幸せいっぱい!結婚につなげるテク

 

同棲するなら、結婚を見据えてしたいもの。

同棲を結婚につなげるコツを、同棲後に結婚したカップルに聞きました!

●その1:親公認のもとで同棲を開始する

「まずお互いの両親に会ってから『結婚を前提に同棲を始めます』という旨を伝えます。親に宣言した手前、結婚に至らない……なんてことは許されません。何でも“公式化する”ことが大事です」(30歳/広告)

●その2:最初に同棲期間を決める

「あらかじめ結婚するまでの同棲期間を決めていました。私たちは『1年以内』と限定して同棲を始めたんです。そうすることでダラダラしない、目的を持った同棲になるかと思います。最初に結婚の意思を確認しておくことも大切ですよ」(31歳/Webデザイナー)

●その3:個別の部屋を持つ

「少々高くてもそれぞれ個室を持てるような広い物件を選びました。お互いに同棲経験がなかったので、いきなり自分の空間がなくなった場合、暮らしていて息が詰まると考えたからです。それは正しかったですね。同棲期間の中でお互いに嫌気が差したり、険悪な雰囲気になると、もう別れるしか選択肢はありませんから」(26歳/メーカー)

●その4:結婚に関する話題を定期的に話す

「同棲してからは休日に家で過ごすことが増え、彼と話をすることも多くなったので、将来の計画を立てるようになりました。そこで結婚に関する話題も定期的に出していました。同棲の本来の目的を忘れられては困るので」(28歳/金融)

●その5:親を招く

「何度か意図的に親を招きました(笑)。『明日親が東京に出てくるって言ってるの』とか、すごく急で逃げられない話を持ちかけたり。そうやって親の圧力を使うことは、結婚につながりやすいと思います。私の周りの友人もその手を使っていましたよ」(32歳/ブライダル)

 

同棲は結婚のための1ステップ

 

アラサー女子にとって、恋人と単に同棲するのでは時間のムダで、意味がないこと。

その先にある結婚を実現するための1ステップがアラサーの同棲だと心得て。

 

関連コラム

 

優木まおみの「アラサー婚活」を手助けした最終兵器が判明!
結婚前にしておきたい!同棲にまつわる男子の意見コラム3選
男子が「コイツ、可愛げないな!」と感じる強がり女子の言動5選
そこを見てたのか!見た瞬間に男が幻滅する「女性のムダ毛」5選
Written by 池田園子
Photo by Ambro

結婚】の最新記事
  • 同時に2人の男性から告白された場合……どのように決断するべき?
  • 彼氏がいるのになかな結婚できない……その原因とは?
  • 早急に見極めてリスクを回避せよ! 結婚願望のない男性の特徴3選
  • 結婚の鍵は意外にも友人だった?結婚に導いてくれる押し上手女子”とは
  • やってはいけない! 結婚したいのに結婚できない女性の特徴5選
  • 「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」その違いとは?
  • 10の質問でわかる! あなたの彼氏は良い旦那さんになる?
  • 後悔しないために知っておきたい「結婚後に豹変する男性の特徴」