結婚相談所が最も賑わう月がいつだかご存知ですか? 

実は「1月」がその月なんです。

帰省時に親からかかる無言の圧力、子持ちの友人から届く幸せオーラいっぱいの年賀状、初詣で見かけるカップルたちの姿など、否が応でも結婚を意識させる要素が多い、プレッシャーで潰されそうな時期。

そんな1月の特徴を活かして、煮え切らない彼氏からプロポーズさせる作戦を、今から練ってみようではありませんか。

 

彼氏に結婚を決意させる作戦

 

●その1:年末年始は「実家に帰る」と言う

「彼から『年末年始どうする?』と聞かれたら、さらりと『ちょっとだけ実家に帰ろうと思ってる』と答えてみるのがオススメです。そこでノってくるかどうかで、彼が結婚したいかどうかも探れます。『ちょっとだけ』と付け加えることで、彼もついて来やすくなるかも」(28歳/エンジニア)

●その2:彼を連れて祖母や親戚の家へ行く

「その1の続きですが、彼が少しでも乗り気なようであれば、一緒に帰省しましょう。おばあちゃんや親戚の家などへ行くと『アンタ、結婚はどうするね?』『3年も付き合うとんか? そろそろ決めんとあかんやろ?』と、周囲が勝手に話を進めてくれます。結婚、結婚! という雰囲気になることは確実」(28歳/エンジニア)

●その3:親に仕込んでおく

「実家に帰らなくてもできる作戦があります。年始に彼とまったりしているときに『今日親が来るみたい』と携帯を見ながら言うこと。自然と食事会をする流れになります。年始は暇でやることなんてないですから、逃げるに逃げられないはず。その食事会の場で親から『どう? そろそろ結婚するの?』と話を持ちかけさせます。事前に親と打ち合わせをしておきましょう」(30歳/広告)

●その4:子持ちの友人宅へ遊びに行く

「子持ち・既婚の共通の友人がいれば、年始の落ち着いた頃、遊びに行くと良いですよ。身近な人の子どもを見て『俺も子ども欲しいな』と本能が呼び覚まされるはず。今の旦那にもその作戦を使いました」(31歳/営業)

●その5:子どもが写っている年賀状を見せる

「彼に『●●美、もうふたり目産んだみたい。子育て楽しいって言ってた』『子どもかわいいね。欲しいねぇ』などと、結婚して子どもを作ると幸せが待っている、と他者を例に挙げて説得すると、押しつけ感がありません」(29歳/IT)

 

彼への圧力が有効!

 

さまざまな巧妙な作戦を仕掛けられる男子たち。

圧力に屈して、いや、圧力を好意的に受け取って、プロポーズしていただきたいものです。

 

関連コラム

 

【その結婚、断る!】みんなが体験したありえないプロポーズ集
男の適齢期は一瞬!結婚のタイミングを見逃さない方法
「私もコレで結婚できた!」運気を上げる“恋コスメ”特集
それアウト!結婚したいアラサー“タラレバ女子”の解決策
Written by 池田園子

結婚】の最新記事
  • タロットで未来を占う! あなたはどんな結婚生活を送る?
  • 交際1年でゴールイン!スピード婚するカップルがしていたこと
  • 「まだ早いかも」男性が結婚を迷う6つの理由とは?
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
  • これから3年で、あなたに結婚のチャンスは何回訪れる?
  • 結婚占い|プロポーズを受けるとき…その前兆は?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?