いくら性格が優しくても、大企業に勤めているエリートでも、それだけで結婚してしまっては不幸な結婚生活が待っているだけです。
どんな相手を選べば、幸せな結婚生活を送れるのでしょうか?
今回は、結婚適齢期の女性に「これだけは譲れない結婚の条件」を語ってもらいました。
 

結婚生活の理想像 その1:ママ呼び禁止

 

「旦那さんには、ずっと名前で呼んでほしい。お互いに『ママ』『パパ』呼びは禁止にする」(27歳/出版)
 
歳をとっても照れずに名前呼びしてくれる旦那さんってステキです。いつまでも女でいたい願望が満たされます。

結婚生活の理想像 その2:子どもは2人

 

「結婚するなら子どもは2人以上ほしいと言う人と。できればイクメンな男性」(32歳/派遣社員)
 
2人以上出産するのであれば、そろそろ準備態勢を整えないと年齢的にきつくなるかも……
 

結婚生活の理想像 その3:料理に「おいしい」と言う

 

「作った料理にはちゃんと『おいしい』と言うこと。ひとこと感想があるだけで、毎日の家事を頑張れると思う」(29歳/教師)
 
仕事と違って、主婦業の評価をしてくれる人は旦那さんしかいません。これは重要なポイントですね。
 

結婚生活の理想像 その4:遊びに行っても怒らない

 

「女同士の旅行や女子会を認めてくれる人。だから、相手もそれなりに遊び人じゃないとうまくいかないかも」(30歳/美容師)
 
こういう夫婦関係も、お互いが納得していればありですよね。遊びが仕事につながる職業もありますし。

結婚生活の理想像 その5:喫煙可能

 

「タバコを吸うことを認めてくれる人。もちろん妊娠したらやめるつもりだけど、オトコの価値観を押しつけてくるっていう精神構造がムリだから」(25歳/ミュージシャン)
 
女性の喫煙を認めない男性っていますよね。「吸っている女はありえない」ではなく、「お前の身体が心配だから」と言ってくれるなら考えるかもしれません。
 

結婚生活の理想像 その6:仕事の環境が整う

 

「今付き合っている男性も自分もフリーランスなので、お互いの仕事の環境が整うことが条件。まずはいい感じの仕事場&住居が見つかることかな」(30歳/フリーカメラマン)
 
人生の軸が仕事にあるからこそ、余計なことでケンカにならないというステキなカップルです。
 

結婚願望があるほど条件も詳細

 

結婚願望があればあるほど、はっきりした条件を挙げる女性が多かったです。逆に、「結婚したい!」と口では言うものの、「どんな結婚?」と聞くと答えられない女性は、そこまで切羽詰まっていないのかもしれませんね。
 
譲れない条件があるなら、どんどん公言して結婚観の合う男性を探しましょう。
 
(yummy!編集部)
 
■男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
■幸せな結婚ができる結婚相手の見分け方とは?
■あなたは大丈夫?結婚相手候補から除外される女性の言動
 

結婚】の最新記事
  • 親から子へ。マリハラこと結婚ハラスメントの悩み【前編】
  • 一生許せない! モンスター姑が騒いで失敗した披露宴エピソード【後編】
  • 一生許せない! モンスター姑が騒いで失敗した披露宴エピソード【前編】
  • 結婚は本当に地獄か墓場か? 既婚者が語る結婚生活の真実とは!
  • 「結婚しない男」と「結婚できない男」の見分け方とは?
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】