悪妻とは、「夫が結婚したことを後悔するような妻」、もしくは「あんな女性とは結婚したくないと思われるような妻」のこと。
そして、4月27日は「悪妻の日」。なぜこの日が悪妻の日になったのかは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの妻、クサンティッペがとんでもない悪妻だったことに由来しています。
クサンティッペがどれほどの悪妻だったのか、ソクラテスの名言を用いてご紹介したいと思います。

哲学者ソクラテスの妻は悪妻だった


紀元前399年4月27日、哲学者ソクラテスが、若者を堕落させた罪で処刑されました。この日は哲学の日でもあるのですが、妻のクサンティッペが悪妻であったことから、悪妻の日とも呼ばれています。

ソクラテスの妻についての詳細は不明ですが、クサンティッペという名前には「栗毛の馬」という意味があり、裕福な家の出身と考えられています。
ソクラテスの弟子であるクセノフォンが「難物の女であるクサンティッペをどうして教育しないのか」と、師に迫るほど、気性の激しい女性だったとされています。そもそも、当時の女性は、奴隷と同じくらいの地位であり、妻が夫に無礼な振る舞いを行うのは許されない時代だったのです。ちなみに成人男性の恋愛の対象も、女性ではなく少年でした。

悪妻に関する名言が面白い!


ソクラテスは、妻に関する名言を数多く残しています。

●その1:「なにはともあれ、結婚しなさい。良妻に恵まれれば、幸福になるだろう。悪妻を持てば、哲学者になるだろう」

●その2:「蝉は幸せだな。なぜなら、物を言わない妻がいるから……」

●その3:「雷の後は、雨がつきものだ」(クサンティッペに怒鳴られて、さらに頭から水を掛けられたことに対して)

●その4:「この妻とうまくやっていけるようなら、他の誰とでもうまくやっていけるだろうからね」(離婚をすすめられたときの言葉)

●その5:「母はお前が病気になれば、早く治るように出来る限りの世話をし、何ひとつ不自由させまいと務めた。もし、そんな母に我慢できないとしたら、それは善行が我慢できないと言っているようなものだ」(息子からクサンティッペのひどい性格をうったえられたとき)

ブラックなジョークを交えながら、妻の悪行を面白おかしく表現していますね。

悪妻が流した涙とは


ソクラテスが65歳のとき、アテネが敵国スパルタに無条件降伏しました。ソクラテスはその後も、スパルタ政権の忠告を無視し、自らの哲学を語ることを止めませんでした。

「ソクラテスは国の定める神々を認めず、他の神ダイモンを説き、若者を堕落させる罪を犯している」として、投獄されてしまいました。ソクラテスを黙らせるためなら、理由は何でも良かったのでしょう。
そんな無実の罪で投獄・死刑になるソクラテスを助けるため、弟子たちは政治家を買収し、脱獄させようとしました。しかし、ソクラテスは「悪法もまた法である」として拒否したのです。

それを聞いたクサンティッペは、夫の死に耐えられず、取り乱して涙したと書き残されています。悪妻と言われていますが、それは『他人から見たら悪い妻』であり、ソクラテスとクサンティッペは深い愛情で結ばれていたのかもしれませんね。

変人ソクラテスにこの悪妻あり


ソクラテス自身も、とんでもない奇行を繰り返す、稼ぎの少ない哲学者です。そんな夫を支え続けたクサンティッペは、見方を変えればしっかりした良妻とも言えます。
他人からどんなに悪妻と言われようが、夫婦の信頼関係があれば、案外うまくいくのかもしれませんね。筆者個人は、哲学者より幸福になりたいと望みますが……。

Written by Wicca
Photo by Digital Sophia

あらゆる恋バナの元祖はシェイクスピア!?燃える恋の法則
カップルが近づいてはいけない縁切りスポット
離婚率が低いのは新潟県!新潟女が男を離さない理由とは?

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚占い|将来の結婚相手との出会いはどこで訪れる?
  • 結婚占い|気をつけて! あなたの結婚を遠ざける異性
  • 「プロポーズしたいのにできない」男子のホンネとは?
  • 結婚占い|もしかして、私は一生独身ですか?
  • 「いつか子どもが欲しい」と思うなら、早めの結婚・出産が良い理由!
  • 「恋愛はめんどくさいけど結婚したい」なら「友達婚」してみては?
  • 結婚占い|幸せな結婚生活を送るために、今からできること
  • 結婚を親に反対されるなら事後報告もアリな理由3つ