こんにちは、トイアンナです。人生相談を承って早数年、気づけば600名以上のお悩みを聞かせていただきました。その中でも婚活相談は「彼氏できました!」「結婚できました」と成果をご報告いただけることも。どんなアドバイスも実行されなければただの文字列。成婚されたのは努力された淑女のみなさまによる実力です。
 
ただ、婚活は「努力すれば必ずうまくいく」ものではありません。お目当てのタイプがいない場所で婚活へ励んだり、自分の好みと違うのに世間体がいい男性と追い求めたりしても、成就する可能性は低くなります。その中でも今回は「ハイスペック男性じゃないと無理」になってしまったハイスペ中毒の女性について書いていきます。

 

婚活しすぎて「ハイスペ中毒」!?

 

婚活で成婚しやすい人は、男性の出会いを増やすことで「自分は〇〇なタイプが好みなんだ」と自分の好きな男性を絞り込んでいけます。逆に成就しづらい方は、自分にはもっとハイスペックな男性が似合うんじゃないかと「もっといい人がいるはず症候群」へ陥ります。
 
なぜ「もっといい人がいるはず」とハイスペック症候群になるかというと、婚活イベントの多くは男性から女性へデートをお願いするシステムになっているからです。特に年齢が若いと男性からの希望者が殺到することも多く、「私ってもしかしてモテる?」と勘違い。
 
しかし女性へデートの希望者が集まるのは、単にぱっと見の若さや華やかさへ惹きつけられた男性が多かっただけ。いざデートを重ねても中身の相性が大切になるお付き合いのステップまでは進みません。
 
つまり第一印象ではモテているのかもしれませんが、婚活的にはモテていない。婚活は1対1の目の前にいる人との相性であり、事前のモテ具合と成婚率はそう関係ないのです。そこを履き違えると「私はモテるからもっといい人がいるはず」とスペックで足切りしてしまい、婚活が難航します。
 
そうして気づけば「年収1,000万以上。顔は妥協できない。デートは奢ってほしい。学歴は早慶以上で、名門の中高一貫校出身者」なんて、絵に描いたようなハイスペック中毒が爆誕します……!

 

売り手の婚活市場では玉の輿が目の前に来る

 

婚活サービスでは男性からどんどんお声がかかります。年収1,000万円以上もざら、医師や弁護士といったお堅い職業の方もいます。これまで夢だと思った玉の輿が現実に見えてしまうのです。
 
しかしハイスペックで未婚な彼らには「マザコン」「モラハラ」など致命的な欠点があることもしばしば。モテより1対1の相性が問われる婚活の場では、彼らもキャッチ&リリースされます。しかしそこで相性が悪い方だったと片づけるだけでなく、「私は年収1,000万円から誘われる女」だと自分を評価してしまう。これが悲劇の始まりです。

 

結婚】の最新記事
  • 本当のことが知りたい!正直、彼って私との結婚についてどう考えている?
  • 結婚しろ!圧のスゴイ「タラレバ娘」作者、東村アキコが離婚する意味
  • 彼氏ではなく「仮氏」を作ると結婚が遠のく?近づく?
  • 「一生独身かも…」アラサー女が結婚へ危機感を感じる瞬間10選
  • 元彼と復縁、そして結婚!彼とヨリを戻したい時の方法
  • 結婚、恋の悩み…アラサー女子必見!正しい占い師の見分け方5選
  • 結婚の幸せって何だろう? 婚活アドバイザーが語る結婚の真実
  • 結局女子力を磨いている女性が結婚していく事実と向き合う