突然ですが、私はタイムラインの結婚式に疲れました。アラサーにもなると友達の近況が結婚、妊娠、出産、結婚、結婚。スクロールするだけで独身の肩身が狭くなるようにできてて最低ですね!
 
と、笑い飛ばせればいいんですが、笑った後で残る焦燥感。誰もができていることができていないんじゃないか、これでいいのか……という自問自答。独身でも輝いている女性はいる、でも私には「これがあるから」と言えるほどの何かもない。
 
人の幸せを祝うためには、こっちもある程度幸せじゃなきゃしんどい。と、年末年始の帰省などで親戚から「そろそろいい相手はいないの?」なんて言われるとしんどいものです。
 

気づけば友達を優劣で見てしまっているのかもしれない

 

こんなこと言うつもりなかったのに、と思いながら「何であんな子が結婚できるのに、私は結婚できないの」と思ってしまうことはありませんか。自分より可愛くないのに、自分より料理もできないのに、自分より頭が悪いのに……。
 
そんなとき、あなたも苦しいはず。それは無意識に生き方へ優劣をつけ始めているからです。誰が誰より上とか、下とか。小学生のあなたは「結婚している人が偉い」なんて思ってなかったはずなのに、タイムラインで白いドレスをこれでもか、これでもか、と見せられる。何だか白いドレスを着たことないのがおかしいみたいに。
 
婚約破棄だって、離婚だってあるのは知ってる。それなのに何だか自分は「一歩手前」のステージにいるみたい。こんな風にして無意識に結婚ゲームに乗っているのが、怖いところです。

 

友達のステータスが見えないように絶とう

 

こういう時に焦って婚活をすると、将来傷つきます。理由は相手をスペックで見たくなってしまうからです。友達は医者と結婚したから私も医者じゃなくちゃ、イケメンと結婚してたから最低でも同じくらいカッコよくなきゃ。こんな考え方をしてあわよくば理想の男性を捕まえても、気まぐれにアクセサリーを買うようなもの。手に入れたときは幸せを感じられますが、数年もつ感情ではありません。
 
これまでにあなたが友達の結婚を見届けてきたなら、スペックを求めた結婚がどんな顛末を迎えたかも知っているはずです。その中には高年収だけどDVを振るう彼、家へ全然帰ってこない、家庭内別居といった問題も出てきます。
 
もちろん普通の恋愛結婚でもこういう問題は起きますが、スペックを求めて結婚すれば今の待遇を手放せなくて離婚しづらくなる。「こんなはずじゃない」と悩む友達を見て「だったらなぜ相手を条件で選んだの?」と疑問を抱いたのではないでしょうか。
 
きっと、その友達も周りを見て焦っていたのです。そして人生に優劣をつけようとしてしまっただけで、決して根っからのサイコパスや遺産狙いの悪女ではないでしょう。彼女なりに必死で婚活して手に入れた「当時は最高の幸せ」だったはずなのです。

 

友達のステータスが見えないように絶とう

 

もし、あなたが同じ道を歩みたくないなら、結婚したいとホンネで思えるまで婚活を休憩しましょう。そして視界に映る友達の結婚式が辛くなったら「近況を知らないでいる権利」を行使しましょう。私たちにはいろいろなものを知る権利がありますが、結婚したかどうか「知らないでいる権利」だってあるはずです。
 
一番情報が流れてくるのはSNSですから、通知が来ないように設定してもいいし、思い切ってアプリを消してもいい。しばらく連絡が取れないくらいで切れてしまう友情は、友情ではありません。「久しぶりにお茶しない?」と声をかけられるまで、お互いを傷つけないようにしばらく会わないのも素敵な生き方です。あなたの年末が平和に訪れますように。

 

 
■女友達の結婚式に参列してよかったこと5選
■なんであの子は結婚できるの? あなたの妬む心を救う言葉
■絶対いらない!ガッカリだった結婚式の引き出物5選
 

結婚】の最新記事
  • 結婚を決められる女・決められずに婚期を逃す女の違い
  • 職業別! 結婚願望のある男性の落とし方
  • 男性に聞いた! 今の彼女との「結婚に踏み切れない」理由
  • 30代で復縁から結婚に至るカップルが多い理由
  • アラサー女子が体験した、カップルたちの同棲解消の理由とは?
  • 婿を投げ飛ばす! 結婚式の珍しいご当地ルール10選
  • 「私たち」を多用は危険! 男性が嫌がる「2人使用」って?
  • 付き合っていたときとは違う……結婚直後に感じる7つのギャップ