こんにちは、トイアンナです。
 
「アラサー過ぎたら結婚できない」
という残酷な言葉を、20代から聞かされてきたんじゃないでしょうか。
 
婚活のご相談を伺っても32歳ごろから「もう諦めるわ」と絶望したり「友達と遊んでる方が楽しいから」なんておひとり様の人生へ切り替えたりする女性がちらほら。もちろん独身の人生も楽しいものですが、「結婚は無理だから」なんて消極的な理由で選ぶのはさぞ辛い決断かと思います。

 

本当に35歳を過ぎたら結婚できないの?

 

なぜアラサーを超えたら結婚できないと信じられるようになったのか? その背景には、ある記事が浮かび上がります。
 
35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」
 
2%は少ない、と思わせるには十分な数字。そこから「いい年して結婚できていないのは自分が見えていない」「高望み」と、まるでアラサー超えした未婚女性へなら何を言っても構わないかのように、過剰な自己責任論がまかり通っています。
 
けれど、本当に35歳を過ぎたら結婚できないのでしょうか?

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 「まだ早いかも」男性が結婚を迷う6つの理由とは?
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
  • これから3年で、あなたに結婚のチャンスは何回訪れる?
  • 結婚占い|プロポーズを受けるとき…その前兆は?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?
  • 今から3ヵ月後、彼氏が起こす結婚に向けた行動とは?
  • 今、あなたが結婚するために求められていることって何?