「なかなか良い出会いがない……」と言っている女性の多くは、「出会いはあるけど、自分の条件に合う人がいない」とか「普通の人でいいのに、普通の人と出会えない」と思っていることが多いです。
 
それは、自分が男性に求める条件や、その条件に当てはまる人がどれだけレアなのかをわかっていないことが原因です。
 
これを解決するには、異性に対する条件を改めて洗い出してみることが大切。今回は、男性に対する理想のリストを作る方法をご紹介します!

男性に求める条件のほとんどは数字で表せる

 

理想の彼を考える上で重要なのは「Google検索したら絞れるような条件」にすること。「私を好きになってくれる人」ではGoogle先生も沈黙しますが、「いちずで浮気しない人」なら絞ることができます。
 
ここからは別タブを開いて、リストアップした理想像について調べてみましょう。あなたの理想の彼氏像、どれくらいレアなのでしょうか? よく使いそうなデータはあらかじめこちらにリストアップしてみましたので、ご覧ください。
 
○人生で一度も浮気しない人は73%
○年収が500万以上の30代男性は35.8%
○30〜34歳男性の50.3%が未婚
 
私の友人は婚活を始める前、「年収は全然気にしてないよ? 20代で800万くらいあればいい」と言っていました。ですが、それに当てはまるのは人口の0.6%。レアだからといって条件を諦める必要はありませんが、友人のような条件の場合、彼を狙うライバルが多いことも覚悟したほうがいいでしょう。

自分で意識していない条件も忘れないで!

 

また、よく「忘れがちな条件」にこんなものがあります。
自分の中では無意識に足切りしているため、結婚相手へ希望するリストに出てこない条件です。もしこのデータを見て「忘れていたけど、その条件は大切!」と思ったら、再度自分が作った「理想の彼リスト」を見直してください。
 
○男性の約3割がタバコを吸う
○未婚男性の32.7%は子どもが欲しくないか、とくに考えていない
 
「子どもを作るのは当たり前」「喫煙者とは付き合いたくない」と、今まで検討する以前の問題でしょ、と片付けていた条件も婚活ではとても重要です。
 
ここで、実際に私が作った結婚したい男性に求める条件を例にとってみます。
 
・私よりIQが高い
・愛されて育ったと感じている
・怒りをおさえて話し合える
・熱中している趣味がある
・働いている
 
ぶっちゃけ、このリストを私も書いたときは「けっこうユルい条件だし、いくらでもいるでしょ!」と思っていました。しかしこの中にある「怒りをおさえて話し合える」を裏づけるデータを調べたところ、55%の男性は「怒りをおさえられないときがある」との調査を発見。
 
「怒りをコントロールできるなんて当たり前だと思ってたのに、意外とレアな男性を求めていたんだ」とびっくりしました。
 

激レア男性を狙っていないかチェック!

 

ここから単純なレア度だけでなく、「誠実な商社マン」のように2つの条件を重ね合わせるだけで激レアになることも。
「そんな男性いないよ」とよく言われる例はこちら。
 
・浮気しない商社マン
・子どもの面倒を見てくれる激務男子
・外で遊ばないベンチャー社長
・チャラついているのに誠実な人
 
わかるんです、デートにやたらこなれていて「そろそろ一人に落ち着きたい」と言っているエリートサラリーマン、どっかその辺に転がってないかなぁ……って。転がっていません。奴らは結婚しても浮気します。
 
レア男性を狙うことを止めはしませんし、自分にとって重要な条件だと思ったら諦める必要はありませんが、苛烈な競争を勝ち抜く努力が必要になるでしょう。

リストができたら、婚活準備完了!

 

こうして細かく理想の男性像を現実へ落とし込んでいくことには、3つのメリットがあります。
 
1)出会ったときに「彼こそ運命の人!」とすぐに気づくことができるので、他の男性とフラフラ悩まずお付き合いできる。
 
2)自分の条件がどの程度レアかわかっているので「相手がお高くてもいい、頑張って落とすぞ!」という覚悟が決まる
 
3)相手がどれくらいモテているか想像がつくので、女性側へ出してくる条件やライバルの多さを予想できる
 
なかなか良い人と出会えない……という方は、自分の異性に対する条件を知ることが大切。
自分の理想の男性リストを作って、相手に求める条件を確かめてみてくださいね。
 
(yummy!編集部)
 
参照:驚くべきことに男と女では「怒りの鎮め方」も違いが激しいと判明
 
■20代と30代の差!アラサー女性「男性に求める条件ベスト3」
■恋愛に失敗しないために! 理想の男性像を自己分析する方法
■普通とは違う? フリーランス男子が彼女に求める条件とは?
 

結婚】の最新記事
  • 「結婚するなら医者がいい」は危険? 医師奥様のリスクとは
  • これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」