「そろそろ結婚相手見つけたほうがいいんじゃない?」と家族や周囲から聞かれた経験はありませんか? アラサーともなると、毎月のようにある結婚式や、友人の出産。もし自分にだけ彼氏すらいなかったとしたら相当焦ってしまいますよね。それを糧に婚活に精を出すのはいいことですが、今回紹介する行動を取っている女性は、男性から「結婚を諦めたんだな」と思われてしまうのだそう。みなさんの普段の行動はどうですか?

 

【1】身だしなみが手抜きになる

 

仕事が忙しいから、どうせ誰も見てないから、といって外見に手を抜いたりしていませんか? 見た目は一番目につくもの。もし、パサパサの痛んだ髪、ほぼスッピン、パーカにスニーカーなんて格好をしてたら一発アウト! 「こいつ、彼氏ほしくないんだな」と誤解されてしまいます。いくら男性がボーイッシュな女性が好きだと言ったとしても、実際は女性らしい可憐な姿に惹かれるのが男の性なのです。女性らしくあるために、コンサバな服装に変える必要はありません。月に1回は美容院へ行きカラーリングやトリートメントをしたり、日常的に爪の手入れ、ムダ毛の処理などをしっかり行うことが一番大切。綺麗になることで、自分に自信が持てるようになり、出会いのチャンスもきっと広がります。もし、最近サボっているな、と自覚がある方は、今日からひとつでもいいので、外見のケアをはじめてみてください。

 

【2】バリバリのキャリア女子

 

年を重ねるごとに仕事ができるようになり、その分仕事量も増え……気付けば遊ぶヒマすらない「バリキャリ女子」はいませんか? 上司からも後輩からも、クライアントからも頼りにされ、仕事をするのが楽しくて仕方ないですよね。でも、それって男性からすると、「男いらないのかな?」と思われてしまうんです。バリキャリ女子にとっては、第一優先が仕事なので、例えばせっかく合コンに呼ばれても、「仕事が終わらなくて遅れます!」「今日急に仕事が入っちゃって……」なんて断っていると、どんどん誘われなくなってしまいます。せっかくそのコンパに出会いのチャンスがあるかもしれないのにもったいないですよね。でも、仕事をおろそかにできない気持ちも分かります。仕事も彼氏もゲットしたいなら、残業する曜日を決めたり、飲み会がある日はいつもより朝を早めに出社するなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか?

 

【3】マンション購入を検討

 

「マンションを購入すると、結婚できなくなる」というフレーズ、耳にしたことがありませんか? お金に余裕が出てくると、住む場所をアップグレードしたくなるのは当然のこと。毎月家賃を払って部屋を借りるよりも、どうせ払うのであればマンションを購入してしまったほうが得な気もしますよね。ただ、マンションの購入ともなると一生もの。ローンを組んだ場合は、数十年と払い続けなければなりません。それだけして買ったマンションなので、とびきり居心地のよい空間にしようとするのは当たり前。ですが、一人暮らしが最高のものになってしまうと、男性からは「一人の生活を崩されたくないのでは」と敬遠されてしまいます。どうしてもマンションが買いたいならば、好立地の新築に近いものを選ぶのがオススメです。その後、結婚して売ることになっても、ある程度の値で売れるので狙い目です。

以上に挙げた3点、もしひとつでも心当たりがあるならば注意が必要です。日々の生活のなかで、ほんの少し気をつけるだけで、出会いの可能性は広がっていきます。男性から「結婚を諦めている」と思われてしまったら損ですよね。仕事のできる自立した素敵な女性なのですから、素敵な男性を見つけてほしいと思います。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

結婚】の最新記事
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由
  • もう恋のフェーズは終わった! 結婚してもいいのはどんな人?
  • アラサー男性が「はやく結婚したい!」と思った瞬間ランキング
  • このままだと結婚できる気がしない…不安から抜け出して幸せになるには?
  • 独身女性たちの「結婚できない理由ランキング」!
  • 意外とメリットだらけ? 職場結婚がおすすめの理由
  • 最悪な結婚式を迎えた花嫁の末路:後編「結婚式で起こった最悪なできごと」