あの世がどんなところなのか想像がつかないように、結婚していない人間にとって、実際結婚生活とはどんなものかなかなかイメージできないものだ。

おまけに、あの世に行ってみたいと願う人間はそうそういないだろうが、結婚したことのない人間は概して結婚生活に多大な夢と希望をいだくものだ。

だから、一度でいいから結婚だけはしてみたいと未婚者たちは口をそろえていうのである。
そう、一度でも結婚生活を経験した人と、一度も経験したことのない人との間には、あの世に渡った人間と渡る前の人間ほどのとてつもない違いがあると言っていいかもしれない。

 

結婚生活に夢見がちな女性に対して、男性は懐疑的でシビア

 

「結婚生活というのはね……」と、経験者はしたり顔で語るかもしれないが、結婚生活とはまさに千差万別。
結婚生活とは幸せ満載だと言いきれないように、不幸の巣窟だとも言い切れないのである。
実際に生活を共にしないと見えてこないことが山ほどあって、それが限りなく幸せなものであるか、耐え難いひどいものであるか、こればっかりはふたを開けてみないと分からないことのほうが多い。

ネットで買った服が想像以上に掘り出し物で重宝する場合もあれば、画像で見たものとは大違いでとんでもないものをつかまされてしまったと後悔することもあるのとよく似ている。
でも、ネットで買った服はが基本的に即返品可能だが、結婚生活はそうはいかないのである。

そういう意味で、男性のほうが結婚生活に関して懐疑的でありシビアである。
そもそも、未婚女性のほとんどが結婚生活は砂糖菓子のように甘いものだと思い込んでいる。
明るい陽射しの降りそそぐダイニングで日曜日の昼下がり、愛するカレとじゃれ合いながらカフェオレをすする。
そんな幸せいっぱいのブランチを終え、キッチンで皿を洗っていると後ろからカレが優しく抱きついてきて首元にそっとキスをし始める……。
その先に待っているのは、昨夜続きの甘く激しい時間……。
こういう時間が結婚生活の中に皆無かと言えばそうでもないんだろうが、こんなシーンは新婚の頃のごくごく断片的な一コマにすぎない。
しかし、それをすべてだと思い込むのは大方が女性なのである。

 

「現実的な結婚生活の効用をアピール」すること

 

男は結婚を決断する局面において、さまざまなことに思いを巡らせる。
果たして自分は経済的に家族を養っていけるんだろうか?
目の前にいるこの女性は結婚した後も自分の母親がしてくれたように自分の面倒を
かいがいしくみてくれるんだろうか?
自由気ままな生活はこれで終わりを迎えてしまうんだろうか?
などなどである。

もっとも、最近は男性以上に精力的に働く女性が増えてきたので、果たして結婚生活をとおして、自分は仕事人としてもステップアップできるんだろうかとシビアに結婚生活の値踏みをする女性が増えてきたのも事実だ。

そんなわけで、結婚生活の現実的なことに思いを巡らせている男性を目の前にして、砂糖菓子のような甘い夢を語りながら結婚を迫ることは逆効果である。
みすみす相手を取り逃がすことになってしまうだろう。

反対に、極めて現実的な結婚生活の効用をアピールするほうが相手の背中を押すことになりそうだ。
生活費の35%は私が持つから安心してとか、
いざとなったら(カレの)お母様の面倒は私たちで見ましょうよとか、
具体的な結婚生活の「マニフェスト」を掲げるのである。
これによって相手の現実的な不安は大きく和らぎ、結婚に傾くはずである。

マニフェストを実現できる自信がない?
大丈夫!
実際籍を入れて結婚生活をスタートさせてから話が違うと言われたら、今の政権にだって出来ないことを、私に出来るはずないわと開き直ればいいのである。

まあ、冗談はさておき……、夢見る夢子を卒業し、現実志向に頭は切り替えてみたら、案外簡単に彼は結婚を決断してくれるかもしれない。

恋愛・美容エッセイスト|南 美希子フェイスブックページ
恋愛や美容にまつわる情報や、近況など、元テレビ朝日アナウンサーによる、最上級の女になるための持論を展開中!

 

関連コラム

 

男女で異なる「セックス観」とは
男が離れられない女とは
必殺!カレを悩殺するエロ忍法3選
求めている結婚像が分かる心理テスト3選
結婚OK?彼との未来がわかる心理テスト

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」

 

南美希子プロフィール

 


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。
Written by 南美希子
Photo by Nicholas Kennedy

結婚】の最新記事
  • 彼氏が「結婚をはぐらかすときに使う言葉」ランキング!
  • 「結婚相手は2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • 結婚願望が強すぎるとうまくいかない? 結婚するために必要な「適度な軽さ」とは?
  • 母親からの「結婚はまだなの?」攻撃を上手にかわす方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
  • 幸せなことばかりではない!? みんなが意外と知らない「結婚後の落とし穴」
  • エリートと結婚して幸せマウント爆発! そんな女友達に待っていた不幸な結末とは【後編】
  • 女性が「本当に結婚できるのかな…?」と不安になる瞬間3選