感動し、涙を流す機会もある反面、一生に一度の晴れ舞台というフレーズは主役である新婦新婦を舞い上がらせ、本人のエゴを剥き出しにしがちな場所でもあります。
今回は結婚式後、友人だった新婦と完全に疎遠になったという列席者にとっての最低な披露宴をリサーチ。これから式を主催するあなたはこれを参考に、注意してみて!

 

1.まともに飲食できない立ちっぱなしの拷問式

 

友人の結婚式の二次会に行ったら、会場費用をケチったのか狭い会場にぎゅうぎゅうの人数、そして立食形式。
幸せな人は私たちこんなに幸福なんだから、来てくれる人同士も私たちの式がきっかけで素敵なご縁ができれば!と、主催側は考えたのだろう。だがそれは大抵の場合、本人たちだけの自己満足に終わることが多い。出席者は結婚式に来たのであって、合コンに来たのではない。お祝いに来たのに苦痛を味合わされた場合、文句も何も言わなくても、友人知人は離れてしまいます。

 

2.嘘八百の自分アゲアゲのVTR

 

結婚式での馴れ初めVTRなんて多少大袈裟だったり、脚色がされているのが当然だけど、友人のソレはあまりにも極端だったなんていうことありませんか?
新郎もしくは新婦のことを詳しく知らない列席者がどんな人かを知ることができるというメリットもあるものの、作りすぎだと評判の悪いイベントになってしまいます。もしVTRを流すときはウソや他人を貶めるなどもってのほか。

 

3.いきなりのご指名スピーチ!

 

結婚式におけるスピーチや余興、進行内容は裏ではキッチリ打ち合わせ済みなのがゲストへの配慮である。いきなり指名したり、舞台に上がらすなど、目立ちたがり屋さんでない限り負担になることが多い。これはとても感じが悪いので、肝に銘じ、列席者が不快でない式を目指してほしい。

幸せであっても謙虚さを忘れず、傲慢さを封印して出席者との絆が深まるような式を主催して下さい!
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

結婚】の最新記事
  • 結婚をなかなか決めないずるい男の心理と末路
  • 姓名判断|あなたの結婚を遠ざけてしまう?今見直すべき結婚観とは?
  • 結婚占い|彼は今結婚についてどう考えている?
  • 結婚願望が強い女性は注意!結婚詐欺の手口とは?
  • 結婚占い|今の彼氏との未来は結婚に繋がっている?
  • 専業主婦のリスクとは? キャリアアップの望めない無償労働が続く?
  • 新婚さんに予言?結婚5年目が幸せな夫婦生活の分かれ道になる理由
  • 結婚占い|「結婚は考えられない」という彼、別れたほうが良い?