結婚式の二次会は出会いの場。主役の2人そっちのけで申し訳ないですが、初対面の男性と出会えるチャンスだからこそ気合いが入るのは当然。とはいいつつも、いきなり話しかけても肉食女子で引かれてしまいそうだし、話しかけられるのを待っていても良い出会いは訪れません。
そこで今回は、あくまでも自然に、男性陣と接触できるテクニックをご紹介します。

 

1.ビュッフェは2人きりになれる時間

 

立食パーティは、ほとんどがビュッフェ形式です。歓談中は、ビュッフェテーブルの近くに陣取っておくのがおすすめ。もし気になる人が料理を取りにきたら、タイミングを合わせて早回りして、彼の前に並んで声をかけて。そこからは、「新郎のお友達ですか?」といった当り障りのない会話で話の輪を広げましょう。

 

2.スタッフになって距離感を縮める

 

勝負は当日のはるか前から始まっています。主賓と親しければ、スタッフになることを希望するのがベター。二次会のスタッフは、受付、クローク、チェキの撮影係など、会が始まる前に必要とされる仕事がほとんどで、必ず何かしら言葉を交わすから顔を覚えてもらえます。会場をウロウロしているだけより、はるかにアピールができます。さらに、どんな人がきているから、さり気なく品定めができちゃうのもこの役割の最大のメリット。

 

3.帰り際が一番のチャンス

 

会の最中に何の収穫もなかった、などと落ち込むのはまだ早いです。帰り際の新郎新婦のお見送りが、実は一番の出会いのチャンス。お見送りは一人一人と話すため、長く時間をとられるのが定説。新郎新婦まで長蛇の列となります。そこに素敵な男性陣のグループが並ぼうとしていたら、すかさず後ろに並びましょう。
あくまでも自然にがポイントです。焦ってガツガツせずに静かにその瞬間を狙いましょう。あなたにもいい出会いがありますように。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

結婚】の最新記事
  • 親から子へ。マリハラこと結婚ハラスメントの悩み【前編】
  • 一生許せない! モンスター姑が騒いで失敗した披露宴エピソード【後編】
  • 一生許せない! モンスター姑が騒いで失敗した披露宴エピソード【前編】
  • 結婚は本当に地獄か墓場か? 既婚者が語る結婚生活の真実とは!
  • 「結婚しない男」と「結婚できない男」の見分け方とは?
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】