婚活市場を見ていると、一部の女性が「自分より稼いでいる人じゃないと無理」「年収が低い人は尊敬の対象にならない」と、年収600〜800万円以上の人以外を排除している姿が見受けられます。
彼女たちは共通して、医者や弁護士、商社やコンサルなどのいわゆる「ハイスペック」にしか興味がないようです。
 
僕は彼女たちに思いっきり警鐘を鳴らしたいと思うのです。
 

日本人の平均年収は400万円

 
そもそも日本人の今の平均年収は400万円強です。
 
これはあくまでも平均年収ですから、実際は金持ちが平均を押し上げているため、実感としての平均年収は300万円ほどでしょう。
つまり「ハイスペック婚」を望む女性たちは、「普通」の人の2〜3倍の基準値で相手を探していることになります。
 
そうなれば男性の対象は極端に狭まり、熾烈(しれつ)な奪い合いに巻き込まれることになります。
実現の可能性が市場的にとても難しい、という意味で「ハイスペック婚」がヤバい理由、
その1がこちらです。
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは
  • 婚活で肩書きでしか人を見れなくなってしまった人への処方箋