マッチングアプリを使うと、家にいながらにして手軽に異性と出会うことができます。近年では、「ネットでの出会いは怪しい」「アプリで出会ったなんて恥ずかしくて言えない」と思う人も減り、アプリで出会ったことを公にしているカップルも少なくありません。
 
ただし、だからといってアプリでの出会いが、100パーセント健全で危険がまったくないということではありません。
今回は、マッチングアプリをできるだけ安全に使用するための3つの掟をご紹介します。
 

マッチングアプリを安全に使うための掟1 個人情報を開示しすぎない

 
マッチングアプリは、誰でも気軽に利用することができます。そのため、婚活や恋活以外の目的で利用している人も少なくありません。
 
中には、マッチングアプリを利用して個人情報を盗んで悪用しようと考えている人もいます。ですから、アプリ上には、個人を特定できるような個人情報はなるべく載せないようにしましょう。
住んでいる駅名、会社名、本名などを載せるのは危険です。
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは
  • 婚活で肩書きでしか人を見れなくなってしまった人への処方箋