マッチングアプリを使うと、家にいながらにして手軽に異性と出会うことができます。近年では、「ネットでの出会いは怪しい」「アプリで出会ったなんて恥ずかしくて言えない」と思う人も減り、アプリで出会ったことを公にしているカップルも少なくありません。
 
ただし、だからといってアプリでの出会いが、100パーセント健全で危険がまったくないということではありません。
今回は、マッチングアプリをできるだけ安全に使用するための3つの掟をご紹介します。
 

マッチングアプリを安全に使うための掟1 個人情報を開示しすぎない

 
マッチングアプリは、誰でも気軽に利用することができます。そのため、婚活や恋活以外の目的で利用している人も少なくありません。
 
中には、マッチングアプリを利用して個人情報を盗んで悪用しようと考えている人もいます。ですから、アプリ上には、個人を特定できるような個人情報はなるべく載せないようにしましょう。
住んでいる駅名、会社名、本名などを載せるのは危険です。
 

マッチングアプリを安全に使うための掟2 怪しい男性には会わない

 
アプリ上でやりとりしている男性にちょっとでも怪しいところがあれば実際に会うことはやめておきましょう。
例えば、プロフィールに、「ビジネスを一緒にできる仲間募集」「時間と場所にとらわれない自由な働き方をしています」などと書いている男性は、MLM(マルチレベルマーケティング。いわゆるマルチ)の勧誘目的でアプリを利用している可能性があります。
また、いい歳をして実家に住んでいると公言し、平日しか会えないと言ってくる男性には、妻子がいる可能性があります。
 
メールのやりとりだけでは怪しさを判断できないときもありので、実際に会って「ヤバイ人だった」ということは誰しもありえます。危険人物だと分かったら、連絡先をブロックして関係を絶ちましょう。
 

マッチングアプリを安全に使うための掟3 1回目のデートは昼間にお酒抜きで

 
真剣な出会いを探しているなら、1回目のデートからバーなどへ出向くことは避けた方が無難でしょう。1回目のデートでバーを指定してくる男性は、真剣な出会いではなくワンナイトラブを求めている可能性大です。
 
遊びの関係を求めている場合はそれでも全く問題ありませんが、真剣に付き合える彼と出会いたい、結婚につながる出会いが欲しい、と考えている場合には、1回目のデートはお酒抜きにしておいた方がいいでしょう。
 

さいごに

 
今回は、マッチングアプリを安全に使うための3つの掟についてご紹介しました。
マッチングアプリを使用すると、普段の生活圏内では出会えない人との出会いのチャンスが大幅に広がります。安全に考慮しながら、新しい出会いを楽しんでくださいね。
 
(今来 今/ライター)
 
■マッチングアプリで出会った男性との最初のデートはどこに行くべき?
■誕生日占い|婚活を始めたら…運命を感じる出会いはありそう?
■マッチングアプリに生息するヤリモク男子の見分け方
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 恋は20代のうちにしておいたほうがいい理由~結婚に興味がないとしても
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは