最近は、手っ取り早く結婚相手を見つけられる婚活の出会いが増えてきましたね。
恋愛のプロセスに時間を費やす暇のない男女にとってはとてもニーズのある場ですが、中には婚活の場にいてらならないハズの既婚者が紛れ込み、トラブルを巻き起こす事例もあるのです……。
 
今回は、婚活中に起こった既婚者とのトラブル事例とその対処法についてご紹介します。
 

既婚者が婚活の場にいる理由

 
既婚者が婚活に出回っている理由は、男性の場合奥さんとセックスレスだったりセックスに不満があったり、色気のない結婚生活に癒やしを求めていたり、という理由で婚活に紛れ込むことが多いよう。
 
女性の場合は子育てが落ち着いたくらいで、第2の人生を充実させるパートナー探しの目的で婚活の場に潜入するようです。主にときめきや恋愛目的で、本当に再婚する目的で活動する人もいるんだとか。
 

既婚者が婚活に紛れ込んだトラブル事例

 
「婚活サイトで30代男性と出会いました。メッセージのやり取りはごく普通で、とても印象はよくわりと高スペ、高身長イケメンタイプ。ですがデートをして体の関係になってしまったあと連絡がとれなくなり、しつこくメッセージをすると「ごめん、黙ってたけど結婚してるんだ」とのこと。時間の無駄でした……」(33歳/女性)
 
こちらの女性は早い段階で相手が結婚していることに気がついたため、一晩体の関係を持っただけの被害で済みましたが、それでも性欲発散のために利用されたようで、気分が悪いですよね。体の関係を持ってしまう前に、もう一度相手の身分をよく確かめるべきですね。
 
 
「婚活パーティーで出会った彼と1年交際。そろそろ結婚の準備をすすめよう、と思って彼に話をしてみても浮かない返事。婚活で出会ったハズなのにおかしい、と彼のSNSを調べたら奥さんらしき人物に何度かタグ付けされていて、そこからお子さんの写真も見つけました。ショック過ぎてSNSで奥さんに連絡しようかと思ったくらいですが、逆に訴えられそうなので泣き寝入り。時間を返して欲しいです」(32歳/女性)
 
意外と既婚者男性はよく調べてみると既婚者の痕跡があるもの。
この女性の場合は1年もだまされているため、悪質性を感じますね。
 
 
「40代の女性と婚活サイトでマッチングし、デートしました。とてもいい感じの人でなぜここまで独身でいたのか不思議なほど。が、2、3回目のデートで実は人妻であることをカミングアウトされ連絡を絶つと、あげく会社にまで来てしまいました。僕は地元では有名な会社に勤めていたので所在地を調べられてしまったのです。それが何度も続くので職場の人にアドバイスを受け、結局警察沙汰です。」(34歳/男性)
 
こちらは既婚女性に当たってしまい、トラブルが起きてしまったパターン。ストーカー化は、お相手の情緒が不安定だと起こりやすいトラブルのようです。
はじめは普通に見えても徐々に本性が現れていく場合もあるので注意が必要です。
 

既婚者とのトラブル対処法

 
まずは
・婚活で出会った異性が皆独身と思わない
年齢、性別関わらず既婚者であることを隠して可能性は大いにあるので、細心の注意を払いましょう。
大きなトラブルに遭ってしまったら
勉強代として泣き寝入りもひとつの手ですが、相手に制裁を加えたい、という場合は
 
・婚活運営側に報告
 
・当人同士の解決ではなく男女関係に力を入れている弁護士に相談
という措置をとりましょう。メッセージの内容などだまされていた証拠を集めておくのも大切です。
 

婚活中だからこそ、つけ込まれる可能性も

 
婚活中パーティーやサイトに顔を出す方は、男女問わず結婚に対して焦りを感じていたり、仕事が忙しく恋愛に時間が割けない場合が多数。相手に少しの不信感を抱いていても、ついつい見て見ぬふりをしたり深く考える暇もなく関係が進展してしまうこともあるのです。
 
「自分だけは大丈夫」「この人なら大丈夫」という過信は危険です。しっかりと相手を見極めて、効率のいい婚活がしたいですね。
 
(mashu/ライター)
 
■騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
■【現在婚活中】今度会うことになったけど、ほんとに行く価値ある?
■既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • タロットでわかる!ハイスペックな異性を射止める方法
  • 【現在婚活中】今度会うことになったけど、ほんとに行く価値ある?
  • 貯金も恋人もいないままこの年齢に…今の私に市場価値はある?
  • 早く結婚したいあなたが狙うべき異性のタイプ
  • 独身という選択もアリ?このままいくと、あなたの人生こうなります