網野新花です。

マッチングアプリを使えば、わざわざ知り合いに紹介してもらったり、手間をかけて合コンに出なくても相手を探せるので、非常に便利です。

が、ネット上で顔写真とペンネームだけ見せられて、そこから始まるので、身分を偽りやすい分とんでもエピソードも多数。

そこで今回はマッチングアプリで実際にあったとんでもエピソードを紹介していきます。

マッチングアプリにありがち ビジネス目的だった


マッチングアプリあるある(?)なビジネス目的だった…という人の声です。

「マッチングアプリで会った男性とカフェで会うことになりました。話の内容はビジネス勧誘のもので、こちらは出会いを求めていたので、ガッカリしました。」(29才・女性)

これはあるあるですが、期待して行ったらビジネス目的…ならガッカリです。

マッチングアプリで学生時代の同級生とマッチング


「マッチングアプリ」の「マッチング」は、恋人候補と出会うことを指しますが、学生時代の同級生と「マッチングした」人もいました。

「彼氏と別れて、それから出会いがなく、周りの友達はみんな結婚していって友達が生まれていって、焦って出会い系を使いました。1人の男性と会いましたが、なんと中学時代に仲良しだったクラスメイトで、ビックリ。

2人とも会ったときは気まずかったです。さすがに付き合いませんでしたが、今でも時々2人で飲みに行ったりします。」(33才・女性)

同級生と出会ったらビックリしますが、案外会う人もいるようです。

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 「婚活に疲れた」人が気づいていない、婚活がうまくいかない理由とは
  • マッチングアプリで恋人はできるものなの?
  • 「婚活している暇がない」は言い訳?忙しい人でも可能な婚活方法まとめ
  • 婚活をがんばっているのにうまくいかない理由
  • 実録。マッチングアプリで知り合いを発見!あなたならどうする?
  • 友人の婚活ラッシュにイライラ…そんな私がスピード婚できた方法
  • 2人1組で街コンに来る男子が考えていること
  • 婚活パーティーで差をつける「プロフィールカード」の書き方!