「婚活疲れ」という言葉があります。
婚活を頑張りすぎて、心を病んでしまった男女のために、「婚活外来」を掲げる精神科もあるほどです。

人生のパートナーを探す婚活が、なぜそんなにしんどいことになってしまうのでしょうか?
今回は、婚活疲れの原因と対処法をご紹介します。




まずは、なぜ婚活で疲れてしまうのか、その原因を見ていきましょう。

婚活疲れの原因①期待と失望の繰り返し


婚活疲れの原因に、期待が何度も裏切られるという経験によるストレスがあります。

「すてきな人に会えたけれど、お付き合いにならなかった」
「期待しておしゃれしたでかけたパーティーで出会いがなかった」
「結婚前提につきあっていた彼氏と別れることになった」

など、「こうだったらいいのに」という期待を何度も裏切られた経験が、徒労感につながっているのです。

婚活市場にいる男性の中には、恋愛や女性に慣れておらず、基本的なマナーや清潔感さえクリアしていない人も多いため、この徒労感は加速します。

婚活では初対面の男性と接する機会も多いため、「こんな人とデートしないといけない私って……」など、相手のレベルが低すぎると感じて、絶望的な気分になることもあります。「自分だったらもっとすてきな男性に会えるはずなのに」という期待が、圧倒的な事実の前でうち破られることになり、婚活疲れへとつながるのです。

婚活疲れの原因②婚活至上主義


期待が裏切られたとしても、婚活が生活のごく一部を占めているだけであれば、婚活疲れにはならないはずです。

趣味や仕事が充実していて、婚活はついでにしている場合には、変な男性とデートしたり、恋愛がうまくいかなくても、「面白い人に会ったな」「友達に話せるネタが増えた」と前向きにとらえられるでしょう。

婚活疲れしてしまう原因は、婚活に真剣に向き合いすぎて、その他のことをおろそかにしているからです。



婚活疲れを根本的に治療する考え方


婚活疲れをしてしまう人は、
・婚活が成功する=幸せ
・婚活が上手くいかない=不幸せ
といった短絡的な思考に陥ってしまいがちです。

実際にそう決めてしまっているのはあなた自身だということに気が付きましょう。

「婚活が成功しても、上手くいかなくても私は幸せ」とマインドセットを変えてみましょう。
そして、婚活だけに生活を支配されている人は、仕事や趣味など打ち込めることを見つけましょう。

他のことに熱中しはじめると、婚活だけに夢中になっているときよりも、モテている自分に気が付くはずです。

さいごに


今回は、婚活疲れの原因と疲れない考え方についてご紹介してきました。
本来、新しい人に出会えたり、さまざまな感情を味わうことは、生きる醍醐味であり楽しみのはずです。

婚活疲れを感じている方は、まずは、「婚活がうまくいかなければ私は不幸せ」といった思い込みを捨てましょう。思い込みを捨てたあとに、あなたは既に多くのものをもっていて、今のままでも幸せを感じられることに気が付くはずです。

そして、満足して幸せそうに生きている女性の周りには、魅力的な人が自然と集まってくるでしょう。

(今来 今/ライター)

■婚活でハイスペック男性を狙う女性は、エフィカシーが低い
■婚活占い|半年以内に結婚相手と会える確率は「●●%」
■【街コン、婚活パーティ】初対面の男性に確認すべきポイント

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 恋は20代のうちにしておいたほうがいい理由~結婚に興味がないとしても
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは