知人に、自称「千代田区で一番婚活を頑張っている女」がいます。今回は、彼女の婚活ヒストリーから、私たちが何を学べるのか、について語っていきたいと思います。
 

「千代田区で一番婚活を頑張っている女」とは?

 
「千代田区で一番婚活を頑張っている女」(以下Aさん)は、現在28歳。なんと、24歳から婚活を開始したということで、もう4年間婚活に勤しんでいるといいます。
 
仕事は、事務系で、結婚後はパートなどのゆるい働き方を希望しています。
 

「千代田区で一番婚活を頑張っている女」の理想の結婚相手とは?

 
Aさんの理想の結婚相手は、東大卒の男性です。
 
不思議でならないのですが、なぜか学歴に異常にこだわっており、有名大学・名門大学以外の男性は歯牙にもかけません。
 
東大卒でも、話が面白くなかったり、気が利かなかったりする男性も存在すると思うのですが、どうしても東大卒がいいと言います。なぜかと理由を聞くと、「元カレが東大だったから」とのこと。
 
本人いわく、「元カレよりレベルの高い男性と結婚したい。だから東大以上でないとだめ」なのだとか。なぜ大学名だけで男性のレベルを判断するのか、理解に苦しみますが、とにかく、この数年間、Aさんは東大卒の男性との出会いに全力を注ぎ込んできたらしいのです。
 

「千代田区で一番婚活を頑張っている女」の婚活方法とは?

 
そんなAさんの駆使していた婚活方法は、婚活パーティー・マッチングアプリ・スタンディングバー、などでした。
 
Aさんの通っているスタンディングバーは、いわゆるナンパバーです。「バーで出会ったら東大卒かどうか分からないのでは?」と聞いたことがあるのですが、「恵比寿とか銀座だったらハイスペ多いから、たまにいる」とのことでした。
 

東大卒との結婚にこだわってきた女性の現状

 
私が出会った時点では、Aさんは、彼氏にふられたばかりでした。その彼氏は恵比寿にあるスタンディングバー・パブリックスタンドで出会ったといいます。
 
「ルックスが良かったから付き合っていたけど、学歴はいまいちだったから結婚は考えていなかった」と言いますが、ふられたことはそれなりにショックだったようです。
 
ふられたばかりでしたが、婚活命のAさんはめげておらず、マッチングアプリ・Tinderで積極的に出会いを探していました。
 
ただ、東大卒などの高学歴男性とはたくさん出会えても、なかなか正式な付き合いには至らなかったといいます。
 
「Tinderで出会った東大卒の男がいて、ちょっとブサイクなんだけど、なんとなく好きになって、家に遊びに行くようになったんだけど、最近連絡がない」としょんぼりしながらも、まだまだ東大卒男性へのこだわりは捨てられない、とのことでした。
 

さいごに。4年間婚活を頑張っている彼女から学べること

 
みなさんは、Aさんの話を聞いて、どう思われましたか?
 
私が最初に思ったのは、そこまで東大卒の男性と結婚したいならば、東大に行けば良かったのに、ということです。それに、学歴や肩書きだけに惹かれてデートしていたら、相手はその点に気がつくのではないか、ということも感じました。「東大卒」というだけで見上げて、相手の内面を無視している限り、「東大卒」からは見さげられるだけですよね。
 
婚活には打算はつきものですが、本当に大切に思い合える相手と出会うためには、相手の肩書きだけではなく、内面をしっかりみて受け入れる、という気概が必要なのではないか、と感じました。
 
(今来 今/ライター)
 
■高収入男性と結婚するより、経済力のある女性になる方が低リスク
■【現在婚活中】今度会うことになったけど、ほんとに行く価値ある?
■婚活で苦戦している女子が今すぐ捨てるべき3つのこだわり
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 恋は20代のうちにしておいたほうがいい理由~結婚に興味がないとしても
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは