婚活が長引くと、どんどん女性は相手を条件でしか見れなくなってしまいます。その理由は、婚活パーティー、街コン、婚活アプリ、結婚相談所など世にある婚活サービスのどれもが相手のプロフィール詳細を求めているからです。
 
いずれの婚活サービスも、まずは相手のプロフィールをチェックしてからスタートするため、婚活沼にハマればハマるほど男性を条件でしかジャッジできなくなってしまうのです。
 
では、一体どうすれば相手を条件だけで判断できないようになるのでしょうか? 今回の記事では、婚活を条件でジャッジしがちな女性に対して処方箋になるものをご紹介します。
 

①自分が結婚に求めていることを、改めて見直す

 
婚活していると「もっといい人がいるのでは」と思うこともあります。このようなタイプの女性は、過去にモテた経験があるなど自分に自信がある人に多いようです。
しかし、このような考えで活動していると、どんどん理想ばかりが高くなってしまいます。条件の良い男性とは、そもそもライバルも多いのです。希望する理想が高くなればなるほど、当然ライバルも増えて婚活は不利になります。
 
まずは、一度自分が本当に結婚相手に求めていることを改めて見直すために、紙に書き出してみましょう。高学歴、高収入、家柄など、譲れない条件はどれか、また本当はどうでも良かった条件など紙に書き出すことで冷静に見つめなおすことができるようになります。
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • タロットでわかる!ハイスペックな異性を射止める方法
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは