婚活を効率的に行う場合、婚活アプリと結婚相談所、どちらを利用するのが良いのでしょうか? 今回は、婚活アプリと結婚相談所の違いについて解説します。婚活をこれから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
 

婚活アプリと結婚相談所の違い1 お金

 
ほとんどの婚活アプリは、女性は無料です。お金がかかるとしても、数千円程度しかかかりません。一方、結婚相談所には、高額な費用がかかります。
 
大手の結婚相談所であれば、登録する時点で2〜30万かかるところも少なくありません。また、毎月の支払いも高額になりがちで、相場は1万〜1万5千円ほどです。
 
また、結婚が決まった場合には、さらに成婚料として数万円を請求される場合もあります。婚活アプリの場合は、結婚が決まっても成婚料をとられるようなことはありません。
 

婚活アプリと結婚相談所の違い2 身元の確かさ

 
安価に始められる婚活アプリですが、その分参入障壁が低く、誰でも利用できてしまうというデメリットがあります。結婚相談所に入会する場合は、独身証明書や年収証明書などを提出することが義務付けられています。そのため、既婚者は入会することができませんし、年収や職業、勤め先などを偽ることはほぼ不可能です。
 
一方、婚活アプリの場合は、本人証明はほとんどの場合、保険証や運転免許証などを確認するだけの簡易なものなので、既婚者でも登録できてしまいます。また、年収や職業、名前などに関しても、うそをつくことができるシステムになっています。
 

婚活アプリと結婚相談所の違い3 婚活への真剣度

 
結婚相談所に登録するためには数十万円を支払う必要があるため、ほとんどの登録者は真剣に結婚相手を探したいという意欲を持った人たちです。
 
一方、婚活アプリに登録している人は玉石混合です。真剣に婚活をしている人もいれば、遊び相手を探している人や、暇つぶしに登録しているだけの人もいます。
 

婚活アプリと結婚相談所の違い4 手続きの手軽さ

 
婚活アプリは、登録しようと思ったらすぐにその日に自宅で登録することが可能です。
 
一方、結婚相談所に登録するためには、結婚相談所に直接出向く必要があります。また、独身証明書などを役所から取り寄せたり、プロフィールのための写真を写真館で撮影したりといった手間がかかるため、実際に登録して活動し始めるまでには、1〜2週間ほどかかることが多いようです。
 

さいごに 婚活アプリと結婚相談所、どちらが合うかは人によって違う

 
今回は、婚活アプリと結婚相談所の4つの違いについて解説してきました。それぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、自分に合った婚活方法を選びましょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■今の時代、逆にアリ?お見合いのメリットとデメリットとは
■婚活占い|半年以内に結婚相手と会える確率は「●●%」
■【実話】結婚相談所にもヤリモク男はいる!「安全な出会い」とは?
 

関連キーワード
婚活】の最新記事
  • 結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
  • 東大卒狙いの「千代田区で一番婚活を頑張っている女」から学べること
  • マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
  • 左薬指のチェックは必須? 婚活の場での既婚者トラブル
  • 騙されないで! 婚活パーティーに潜む、隠れ既婚者の特徴とは?
  • 【2019年】恋活・婚活で出会った相手に好印象を与えるポイント4つ
  • 既婚者も登録OK? 既婚者のマッチングアプリの実態とは
  • 婚活で肩書きでしか人を見れなくなってしまった人への処方箋