そこにふたりの男性がいるだけで、妄想が果てしなく広がる「BL」(ボーイズラブ)の世界。そんな二次元での男性同士の恋愛の世界に生きる女性たちは、今や「腐女子」と呼ばれています。
 
手馴れた腐女子たちは、実はいっさい表情に出さないまま、脳内で各々の「BL妄想」に耽る能力に優れています。
 
そこで、日常生活のなかで腐女子の妄想力が発揮される瞬間をご紹介いたします!
 

その1:電車のなかの男子高校生

 

「私は通勤電車で、男子高校生たちを眺めながらBL妄想するのが日課。この日は、ある男の子が『お前、髪の毛ボサボサだぞ』と、友達の寝ぐせを手で直してあげていました。思わず“天然な受け”にメロメロになっている“お兄ちゃんぽい攻め”というキャラクターを当てはめ、ふたりが朝帰りで登校しているという設定で楽しみました(笑)」(28歳/製薬会社)

その2:料理本を立ち読みする男子大学生

 

「書店内を見て回っていたら、大学生ぽい男子ふたりが料理本コーナーで、スイーツレシピを立ち読みしていました。聞こえてきた会話によれば、なにやらバレンタインチョコをくれた彼女のお返しに手作りクッキーを作ろうとしている様子。だけど、私には“誕生日に手作りケーキをねだる攻め”と“それにしぶしぶ応じる受け”というカップルに見えてしまって、思わず彼らが生クリームを使って×××するプレイを想像してしまいました」(29歳/翻訳)
 

その3:試合に熱くなるサッカー選手

 

「サッカー観戦の醍醐味は、ゴールを決めたときの男同士で抱き合う瞬間。あれがたまりません。正直試合が気になって見ているというよりも、男同士のハグが見たいがために観戦しています」(27歳/広告)
 

その4:後輩をパシリに使う先輩社員

 

「最近、職場の男性社員2人に萌えてます。いつも先輩が後輩をパシリにしているのですが、ある日後輩が出張へ。そしたら先輩が『なんだ、あいついないとつまんじゃないじゃん』と、彼のいないデスクを見てポツリ。一気にヘタレ後輩×ツンデレ先輩の妄想が広がりました」(31歳/出版)

その5:ダメ出しをされてへこむ上司と部下

 

「あるとき、同僚が上司に『お前は企画の立て方がなってないな』と怒られていました。でも、その上司も部長に呼び出されて『君の企画は基礎がなってないね』とダメ出し。ふたりしてしょんぼりする姿を見て、お酒を飲んで慰め合ってるうちに……、と妄想しちゃいました」(26歳/ウェブサービス)
 

その6:虫刺されの跡がたくさんある男友達

 

「『蚊取りリキッドを切らしてるのに、夜中に窓を開けて寝てしまった』と言う男友達の虫刺され痕がひどかった。二の腕やわき腹などのやわらかそうなところをとくに刺されているみたい。聞けばお尻も刺されたとか! 私にはその虫刺されが誰かに愛された痕に見えて仕方ありません」(30歳/IT)
 

いつでもどこでも妄想できる、それが腐女子!

 

男同士のなにげない日常でも、腐女子からすればすべてが美味しいネタなのです。これを見ている男性のみなさんも、無意識にやっている行動が腐女子を萌えさせているかもしれませんよ?
 
※腐女子の妄想力は男性自身に被害を与えるものではなく、あくまでも脳内で展開されるのでご安心ください。
 
(yummy!編集部)
 
■BL妄想力!腐女子が「こいつは受けだな」と認定する男性の特徴
■男がBL好きで何が悪い!? 隠れ「腐男子」が苦労していること
■恋愛を学べるオススメのBLマンガ! 激推し5冊を紹介
 

マンガ】の最新記事
  • 今までにない官能体験?本当にあったさくらの恋猫体験談|ラブグッズ漫画
  • 素直になりたい! 二人の本当の気持ち|となりのS王子 最終話
  • 元に戻る…? 気まずい関係|となりのS王子 11話
  • すれ違い!? 2人の想い|となりのS王子 10話
  • 急展開!? 縮まる距離?|となりのS王子 9話
  • 弱みを握ってやる! 千夏の企み|となりのS王子 8話
  • ハプニング! 下着コレクションは前途多難|となりのS王子 7話
  • アイツって、けっこうイイ奴…?|となりのS王子 6話