自制心。
 
それは自分の感情や欲求を理性で押さえつける力のことを指します。
一般的に社会では、この自制心がない人は社会人として真っ当にやっていくことができません。
 
たまに駅前とかで昼間から大声を出してみたり、わざと女性にぶつかってくるような人っていますよね。
 
ああいうのは色んな意味で自分を理性で抑える力を喪失した、やばい人たちだと考えていいでしょう。
 
市井の99%の人はこの自制心を保ってギリギリこの不景気な日本でもそれなりに生活をしているところでしょうけれど、この自制心。つまり理性の糸って案外か細いもの。
 
ひょんなことからプッツリと切れてしまうものでもあります。
 
そこで今回は、特に男性が、自制心を崩壊してしまいがちな瞬間について、3つほど紹介していきたいと思います。
 
なかなか見れるものではないその瞬間ですけども、一応ご覧いただければ幸いです。
 

お酒を前にすると自制心が崩壊する男性は多い

 

理性というものは大事な要素で、これがちゃんと機能しているから人間は犯罪もやらかさず、ちゃんと生きていけるわけです。
 
自制心というのは、世間様に迷惑をかけないためのブレーキ機能と考えてもいいかもしれませんね。
 
そのブレーキをアクセルに変えてしまう可能性があるのが、古今よりお酒だと言われています。
 
お酒って、飲む人によっては態度を大きくさせてしまったり、不愉快な発言の呼び水になっちゃうことがある、負の燃料とも言えるんですよね。
 
普通は自制心を失わないように加減して飲むか、そもそも性格的に穏やかな人であれば、深酒しても自制心がそのままということが大半です。
 
が、日頃から色々と鬱屈したものを抱え込んで生きている男性って、やたら酒でおかしくなっちゃいます。
 
たとえば筆者は毎日のように500缶のチューハイを2本は飲む日課を自分に課していますが、元々九州出身ってのもあって酒に強いタイプ。ホントは5本も6本もいけます。
 
しかし同郷の者の中には、酒のせいでおかしくなっちゃう奴って実際います。
酒が人間の、元々おかしい部分をより際立たせるケースって、意外と多いですよ。
 
特に男性。それも田舎者の場合こそ、自制心がなくなるまで飲んじゃう酒乱も多いように見受けられます。
 
酒のせいで失敗して離婚とかしちゃう男、九州には多いですよ~。

男女関係の様々な要素が原因で自制心が崩壊することも

 

また、酒と並行して男性の自制心をおじゃんにしがちなのが恋愛でしょう。
恋のせいで暴走をして、おかしくなっちゃう奴って結構いるじゃないですか。
 
もちろん女性もそういうとこがありますが、あんまり行動で打って出るタイプは多くないですよね。
 
せいぜい友達に相談(という名の愚痴)をしまくったり。この相談がマジで厄介で、こっちが何と言おうと本人はもう答えが決まってるんですよね。
いわば既定路線の回答しか欲しがっていない、と。
 
だもので、そんな相談を長々されてもしんどいので、こっちの意見も相手の意向にあわせたものにしてさっさと終わらせてしまうのが常です。
 
でも、女性なんかよりもっとめんどくさいのが、恋愛に狂った男たちですよね。
 
自制心もどこ吹く風、無理やり復縁を申し込んだり、中には暴力も辞さないような奴もいます。
完全に自我が暴走しちゃってますよね。
 
つい先日も、元交際相手の実家に押し入って、その交際相手の母親を殺害しちゃった男が逮捕されたというニュースを見たばかり。
 
自制心が、恋愛をしたことによって徐々に崩壊する。
そういうとんでもない奴が世間にはいて、それを傍目に見抜くことができないなんて、恐ろしい話です。

お金が男の自制心を破壊し尽くすことも!

 

あと、男性の自制心をぶち壊す最有力候補というのが、お金ですね。
 
酒、女性関係、そして金。なんだかんだこれは不動のBEST3案件だと思いますよ。
 
特にギャンブルとか、投資とか、勝手に夢を見て散財するような男性ってのが一番自制心を破壊しやすいですよね。
 
ご存じでしょうか、最近ではコロナ禍ということもあって、ネットで参加できる馬券の購入なんかがブームになっているんだとか。
 
自宅で、スマホで簡単にギャンブルに参加できるという環境もあって、ものの見事に簡単に借金地獄に転落する男性も、残念なことに筆者の周りにおります。
 
そんでそういう人たちが何をするか。
金がない人間の一番の娯楽って、何だと思います?
 
それは怒りです。
 
怒りは金の掛からない唯一の娯楽。
ニュースを見て怒り、SNSを見て怒り、世間のトレンドを見てまた怒る。
 
こうやってどんどん自堕落なギャンブル依存症、投資依存症になっていき、やがては町中の嫌われ者独身高齢男性になっていくのです。
 
自制心がない人間なんて、誰からも愛されませんから、この末路は当然でしょう。
 

おわりに

 

ということで、今回は男性の自制心がブッ壊れる瞬間についての、超オーソドックスな例を3つ紹介していきました。
 
お酒も適度に楽しめばストレス発散になりますし、恋愛は適切に歩めば素晴らしい人生経験をあたえてくれます。
 
投資やギャンブルは才能のある一部には微笑んでくれますが、これはもうあんまりメリットはないですね。お小遣いの範囲で宝くじとか積み立てNISAとかならなまだしも。
 
男性。特に独身となると上記3項目についのめり込んでおかしくなってしまいがち。
 
しかも30歳以降とかになると、もう周りもまともな人は離れてってますから、どんどん自縄自縛で加速度的に自制心が剥がれ落ちてしまうものです。
 
こういう人を救う手立てはありませんので、もしもそんな雰囲気の男性と出会ってしまったら。
 
仮にそれがイケメンであっても、あまり仲良くしないようにすべきでしょう。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■うまく扱えば女性もラクになる!彼の自尊心を高める簡単な方法とは?
■「おい、それ誰にでも言ってるだろ?」っていうセリフ4選男性編
■好きなのかも?男性が「心を許している女性」にだけ話すこと

男性心理】の最新記事
  • 男性がドハマりする女性の特徴5選(天照メイ調べ)
  • 男性の『こだわり』…理解できなくても尊重するべき
  • 男は「名前を付けて保存」別れたあとの男性心理
  • この子だったら…男性が「信用できる」と感じる女性とは?
  • 好きなのかも…「酔った勢い」で連絡をしてくる男性の本心
  • 「結婚しよう」と軽いノリで言ってくる男性心理
  • やり直したいの?「元カノ」に連絡をする男性の心理
  • 男性たちの本音を問う!「脱がせたくなるのはどんな身体?」