今回は男性に、年相応にキレイだなーと思う女性と、若作りしていてちょっとイタイかもと思う女性の違いについて聞いてみました。
 

1.未熟 VS 成熟

 

「自分は誰であっても、いくつになっても自分が好きなファッションを楽しんでいるのが一番いい、と思います。自分も若い人が着るようなブランドは着ますが、だからと言って若作り、と言われるのは嫌ですから。だから自分は、服装で女性をジャッジすることはありません。ただ、思考の若作りは気になります。若い子のように、えー知らない、と無知さを装っている態度はイタイなあと思います。逆に、自分の内面も外見も成熟していることに自身を持っている女性は素敵だな、と思います」(40代・会社経営)

2.無知 VS 知的

 

「年を取ってるのに何も知らなくて、知らないことで若さを装う女は苦手です。イタイと思います。見ていて恥ずかしいです。大人の女性の魅力は知性から滲み出ると思います。大人になって化粧がどうとかファッションがどうとか、それだけにこだわりすぎるのはいかがなものか、と。いや、ファッションやメイクを頑張ってキレイにしている人は素敵ではあります。でも、それだけで中身ペラペラな大人はイタイですよね」(30代・家具職人)
 

3.一昔前 VS 現代的で似合っている

 

「ひとむかし前のファッションやヘアスタイル、メイクをしている人はイタイ、と感じるかも。かといって若い子の今の流行りをそのまま取り入れるのも、年代があってなくて痛々しく見えることもあると思う。だから、今っぽく、かつ自分に似合うスタイルを取り入れている人がステキだなと思います。難しいですけどね。自分が大人になったときに、そういうことができるかは謎です。自分がイタイおじさんになる可能性も十分あるので、ブーメランにならないように、お互い優しい視線を向けるのが一番なんじゃないかなと思います」(20代・大学生)
 

4.おばさんだから VS 自己卑下しない

 

「キレイな人でも、私おばさんだからーとなぞの自己卑下をしたり、若い子と同じフィールドで戦おうとしたりする人は痛々しく感じることはあるかな。逆に、年齢にとらわれずに今の自分を楽しんでいる人はステキに見えるよね」(30代・写真家)

結論。他人の視線を気にするのは、ほどほどで

 

がんばればイタイと言われて、気を抜いたら女を忘れていると責められる……いいことないですよね。他人の評価なんて自分ではどうすることもできませんから、自分の好きなように生きるのがよいでしょう。
 
イタイと思われようがなんだろうが、人生、楽しんだもの勝ちなのです。他人のために生きているわけじゃないのですから、好きな服を着て、好きなメイクをして、自分の好きな、自分になりましょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■「昔はかわいかったのにな…」男性がふとしたときに彼女に“おばみ”を感じる瞬間
■いるいる! 20代女性が絶対になりたくない“おばさん”像
■無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」

男性心理】の最新記事
  • 男性がドハマりする女性の特徴5選(天照メイ調べ)
  • 男性の『こだわり』…理解できなくても尊重するべき
  • 男は「名前を付けて保存」別れたあとの男性心理
  • この子だったら…男性が「信用できる」と感じる女性とは?
  • 好きなのかも…「酔った勢い」で連絡をしてくる男性の本心
  • 「結婚しよう」と軽いノリで言ってくる男性心理
  • やり直したいの?「元カノ」に連絡をする男性の心理
  • 男性たちの本音を問う!「脱がせたくなるのはどんな身体?」