男性が好きな人や彼女に言ってしまいがちなのが「君のすべてを好きでいたい」「君の全部が好き」などの言葉。
 
大抵の場合、すべてを好きでいるなんて無理なのに、男性はどんな気持ちでこのような発言をするのでしょうか。
 
今回は男性心理を深堀してみたいと思います。
 

初めは彼女の全部が好き

 

人は恋に落ちると相手のすべてが魅力的にみえるもの。
短所でさえも、まるで長所のように感じてしまいがち。
 
誰にでもいい顔を見せる八方美人な性格を「みんなに好かれる女性」
自分勝手な性格を「自由奔放な人」
などと好意的にとらえがちです。
 
とくに恋に落ちたての初期段階ではその傾向が強くなります。
 
「彼女の全部が好き。こんなに好きになれる人にはもう出会えない」
と完全に気持ちが舞い上がってしまう男性も少なくありません。
 
そんな状態のときは、
「君のすべてを好きでいたい」
「あなたの全部を愛している」
などと言ってしまいます。
 
これはその時点では完全な本心です。
一生彼女のすべてを愛し続けられるくらいに思っているもの。
 
とても純粋な美しい気持ちですが、大半は時間とともに気持ちは落ち着いていきます。
ずっと同じテンションで彼女を愛せる男性は少ないでしょう。

長所も短所もひっくるめて好きでいたい

 

「君のすべてを好きでいたい」とても純粋で美しい気持ちです。
しかし、どんなに好きな人でも「ここはちょっと……」と思う部分もあるもの。
 
しかし、「愛する彼女の長所も短所もひっくるめて全部愛したい」そんな気持ちを持つ男性もいます。
 
そのような気持ちを示すために「君のすべてを好きでいたい」と彼女に伝えるのです。
 
いい面だけではなく、悪い面も理解した上で、彼女のすべてを受け入れる気持ちでいるのですから、その愛情は強いといえるでしょう。
 
もちろん悪い面を愛するといっても、限度はあります。
 
しかし、短所を受け入れた上で、好きでいようと考えているのですから、関係は壊れにくいはずです。

無駄な衝突を避けるため

 

「わたしのどこが好き?」
ラブラブカップルにありがちな質問です。
実際に彼氏にこの質問をした経験がある人もいるでしょう。
 
この質問をする女性のなかには難しい人がいるもの。
 
「見た目がメッチャ好き」と言えば「内面は見てないんだ……」
「優しいところが好き」と言えば「わたし可愛くないもんね……」
と外見が好きといえば内面を見ていないと言い、内面が好きといえば外見は好きになってもらえていないと不満を持つのです。
 
自己肯定感の低さが原因なのでしょうが、これは男性にとってはとても困るシチュエーションです。
 
正解のない問題を解かされているようなもので、追い詰められたような気持ちにさせられます。
 
この困った状況で男性が選ぶ無難な回答が「君のすべてを好きでいたい」です。
 
「あなたの全部が好き」と全肯定してしまいます。
ある意味逃げに近い回答でしょう。
 
すべてが好きと伝えつつ、ハグのひとつでもして丸く収めようと考えているのです。
 
本音では「好きなところもあれば、苦手な部分もある」と考えています。
しかし、いらぬ衝突を避けるために、このような回答をしてしまうのです。
 

まとめ

 

今回は「君のすべてを好きでいたい」と言ってしまう男性心理について紹介しました。
 
どんなに相手が好きでも「すべて好き」でいるなんて大抵は無理なもの。
 
しかし、男性がこの発言をするときは、恋人を大切に思っているからこそ。
 
すなおに喜んであげると関係は良好になるものです。
 
(大船くじら/ライター)
 
■男性心理|エロい女性は歓迎するが「エロ過ぎは禁物」なわけ
■「男ってバカね」歴代最高だった彼女と復縁したくなる男性心理
■男性が好きな服装からひも解く男性心理 |ラブホスタッフの上野さん

男性心理】の最新記事
  • 男性がドハマりする女性の特徴5選(天照メイ調べ)
  • 男性の『こだわり』…理解できなくても尊重するべき
  • 男は「名前を付けて保存」別れたあとの男性心理
  • この子だったら…男性が「信用できる」と感じる女性とは?
  • 好きなのかも…「酔った勢い」で連絡をしてくる男性の本心
  • 「結婚しよう」と軽いノリで言ってくる男性心理
  • やり直したいの?「元カノ」に連絡をする男性の心理
  • 男性たちの本音を問う!「脱がせたくなるのはどんな身体?」