いわゆる「ギャップ萌え」は、普段との違いが良い意味で大きいときに使いますが、反対に「冷めるギャップ」を感じると男性の関心は一気に萎えます。
イメージが悪くなるような“落差”は、その後で男性と良い関係を築くのが難しくなるので気をつけたいですね。
男性が思う「冷めるギャップ」について、ご説明します。
 

男性の前でだけおしとやかな態度

 

「以前、控えめでいつもニコニコしている女性がいていいなと思ったけど、同性と一緒のときにガハハと下品な笑い声をあげているのを見て引いてしまった。男の前でだけおしとやかなんだなと思う」(25歳/美容師)
同性と異性の前で態度が変わる女性は、どうしても「同性といるときの姿が本性」と思われます。「男に良く思われたいんだな」という下心が見えたら、自分の前での振る舞いを素直に受け止めるのが難しくなると思いましょう。
 
男性の前でだけ上品さを演出しても、それが素でなければ必ずどこかでバレます。
気の緩みは、いつ何処で見られるかわかりません。こんな悪いギャップは男性の記憶に残りやすいので、誰の前でも一貫した態度を心がけたいですね。

立場が弱い人には偉そうにする

 

「仲のいい女友達がいたけど、ふたりで入ったカフェで店員が注文を間違えたときに『ありえないんですけど』とかきつい口調で責めるのを見てドン引き。俺といるときの笑顔が全部嘘っぽく感じるようになった」(29歳/営業)
 
友人と過ごすときは普通なのに、自分の立場が上とわかる人には横柄な態度を取る。これも、「素の人間性が出る」と男性は感じます。
すぐに何とかなるのに責め続ける、相手が謝っているのに許さない、こんな姿は優しさを感じられず、一緒にいてもリラックスできません。
 
一度見てしまうとそれからはお出かけはやめようと思う男性が多いので、立場の弱い相手に偉そうにするのはくれぐれも控えたいもの。
 

裏では陰口が多い

 

「男子に人気のある女性社員、確かに俺たちの前ではいい子にしているけど、裏ではいろんな人の悪口を言っていると同期の女性に聞いてからは信じられなくなった。笑顔は情報を集めるため?」(30歳/総務)
 
男性の前ではニコニコしているけれど、見えないところでは他人の陰口を楽しむような女性は、何より信用できません。
こちらの男性が同期から聞いたことが真実だなと思ったのは、その女性が知っているはずのない他人のプライベートを話題にしたから。「笑顔で相手に近づいて情報を得ては、こうして漏らしていくのかも」と警戒すると、二度と親しくなろうとは思いませんよね。
 
どんなに愛想が良くても、“裏の顔”が悪いものだとそちらばかり気にするようになります。

おわりに

 

「冷めるギャップ」は、普段こちらに見せる顔が良いものであればあるほど、衝撃が大きくて女性を信じられなくなります。
悪い一面は誰にでもありますが、遠ざけたくなるのは目の前の姿が本性だとは思えなくなるから。男性の心が開けなくなるのが、悪いギャップの結末です。
 
良いギャップとは、それまでの印象をより高めてくれるもの。
男性が「もっと近づきたい」と思えるかどうかが大切です。
 
(ひろた かおり/ライター)
 
■男性が感じる彼女のエロいギャップ
■それは反則だ!男性がキュンとするギャップ4選
■一発アウト!男性の気持ちが冷める女性の一言
 

オトコゴコロ】の最新記事
  • 真剣?遊び?男性が本気で女性を口説くときの言動
  • 彼氏が思わずハマる、理想の「エロい彼女」とは
  • 過激すぎるのはちょっと…男性が女性に求めるエロさ
  • 男の理想の「エロい彼女」と「品のない彼女」の違いとは?
  • これが男性が隠している本音「今カノと結婚に踏み切らない理由とは?」
  • 乳首、アソコの「黒ずみ」でビッチ認定!?SEXにまつわる男の本音
  • 大きさ?色? 男性が彼女のおっぱいに求める事4選
  • 男性がエロいと感じる女性の部屋着4つ