「見てはいけない」と思いつつも、本能的に見てしまう女性の魅力的なパーツ。エロい、エロくない以前に、マッチョの男性が歩いていたら見てしまうように、美しいフォルムには自然と視線が奪われてしまうものです。
 
全くの他人のことをジロジロ眺めるのは倫理的にアウトですが、男性はどのようなパーツに魅力を感じているかご存知でしょうか? 「どこに魅力を感じるか?」というのはまさに十人十色なのですが、私が感じる女性のパーツごとの魅力をご説明させていただこうと思います。
 

おっぱい

 

男性みんなが大好きなパーツです。生まれたときからもっとも身近にあるものなので、本能的に惹きつけられているといっても過言ではないです。
男性は「大きければ大きいほど良い」と考えていると思っていないでしょうか? 必ずしもそうではありません。
 
かの有名なおっぱい星人(おっぱいフェチ)であるタモリさんは、かつて某番組で「申し訳なさそうなおっぱいが良い」と仰っておりました。とても詩的な表現ですね。
 
私の周りには「ちっぱいが好き」という男性や、「乳りんが大きい方が好き」という実にアメリカンな嗜好の知人もいました。広告に惑わされて無理やり寄せて谷間をつくることよりも、自分のかたちにあった引き立てかた、魅力を追求するべきだと思います。

お尻

 

日本国内においては、女性の魅力的なパーツといえば、おっぱいばかりに焦点が当たってしまいがちですが、特に外国ではお尻が綺麗な女性はとてもモテるそうです。洋楽のPVなどであのお尻をブルブルさせる“トゥワークダンス”と呼ばれるダンスを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。
 
現在ではエクササイズとして取り入れられるほどスタンダードなダンスで、“女性のお尻が美しいもの”として浸透している現れですね。そして、「ヒップライン」という言葉がある通り、お尻の曲線に男性は魅力を感じます。
 
日本にもヒップアップに特化した美尻専門スポーツジムがあるほどです。お尻の形が魅力的だと、バストサイズとは関係なく、身体全体が整って見えるように思います。
 

 

女性は脚の細さや長さを気にしてしまいがちだと思いますが、意外と脚フェチ男性は、上記に比較するとマイノリティなのではないかと思います。少なくとも私の周りではという話なんですけれども。
 
しかし、映画監督のクエンティン・タランティーノは無類の脚フェチとして知られています。彼の映画の中でも女性の足が印象的なシーンがいくつかあります。脚の場合は、何かと組み合わせることによってより、その魅力が増幅するのではないでしょうか。
 
ヒールを履いた脚、スカートのスリットから覗く脚、ニーハイとミニスカートのあいだからちょっとだけ見える脚、ホットパンツから伸びた脚。などなど……。組み合わせによって可能性は無限大です。

 

「女性の髪の毛が好き」という男性も多いように思います。ただこれは「女性の髪」=「ロング」というちょっとオールドスクールな考え方や嗜好が植え付けられているようにも思います。
 
美しい色と、さらさらな質感が魅力だと思いますが、さらに匂い。女性のあの髪の毛の良い香りは、短髪の男性がどうやっても出ない香りだったりもします。
 

さいごに

 

いろいろと述べたけれども、普段から「○○フェチだ」と豪語していた男性でも、まったくそれとはかけ離れた女性と結婚したりもします。そのひとを構成する要素として見た目は大事ですが、中身もかなり重要であると私は思います。
 
そして、すべてがパーフェクトな人もほとんどいません。が、「ここだけは誰にも負けない!」というポイントを磨くことによって、より魅力的な女性になることは可能なのではないでしょうか。
 
(吉田ヨシヲ/ライター)
 
■カップのサイズ別 おっぱいの魅力(男性心理)
■男性は「おっぱい」と「顔」どっちを重要視している?
■巨乳VS貧乳|エロ尻VS美尻|フェチズムでわかる男性心理と性格診断!
 

オトコゴコロ】の最新記事
  • 乳首、アソコの「黒ずみ」でビッチ認定!?SEXにまつわる男の本音
  • ラブホで男性は何を考えている?|ラブホスタッフの上野さん
  • 乳首、アソコの「黒ずみ」でビッチ認定!? SEXにまつわる男の本音
  • ちょっとアブない?彼が秘かに抱く恋の願望・欲望
  • 彼があなたに「性的な魅力」を感じる瞬間
  • そんな目で見ていたの!?「あなたへ抱く欲望」