男女の関係でも遠慮ばかりするのではなく、自分の意見を伝えることは大切です。
しかし会話の流れで、特に深いつもりはなく言ったセリフが「上から目線」「押し付けがましい」と不快に思われてしまうこともあります。
そこで今回は「男性が『俺の何がわかるの?』と思ってしまうセリフ」についてご紹介します。
 

「人生の半分損しているよ!」

 
「俺は生ものが苦手なんだけれど、大抵『え~もったいない! 人生の半分損しているよ!』と言われることが多い。嫌いなもの無理して食べる方がどうかと思うし、勝手に俺の人生を決めつけないでほしい」(34歳/製造)
 
これはついその場のノリで言ってしまいがちなセリフ。でも「人生を損している」って、結構重たいワードですよね。悪気があって言っているわけではないと知りつつも、「つまらない人生って思われているみたいで嫌だ」と思うのは当然でしょう。
 

関連キーワード
オトコゴコロ】の最新記事
  • 男性が「俺の何がわかるの?」と思ってしまうセリフ 4選
  • 好きな女性から体目的で利用され、傷つく男性もいる
  • 男が思わず引いてしまう間違った恋愛アプローチ
  • 男性が本気になる理由…女性の「スイッチの入れ替わり」を見てドキッ!
  • 一体どういうつもり?突然「元気?」とLINEをしてくる男性の心理とは
  • 男性は女性の笑顔が好き。でも「お笑い」は求めていない!
  • 気がついていても言わないであげて!素人童貞の特徴2つ
  • 男性の本音!本気で好きな女性だけに言うこと