長々とオチのない話をすることができるのが、女という生き物。

 

いい距離感を保って

 

逆にオチをしっかりと考えて道筋を立てて話すのが男という生き物です。これは一生交わることのない部分ではありますが、女性はどうしても話しの途中で割り込むことが多い傾向にあります。ですので、考えていたオチを先に言ってしまったりすることも多いのです。つまり、男は、自分の意見を述べるまえにサクサクっと話を決められてしまったりすることにとても抵抗を覚えるといいます。女性よりも男は強い生き物で引っ張っていかなくてはいけないという思いがあるのは、今も昔も変わりません。この部分をしっかりと尊重してあげられる女性というのは彼が離れられなくなるポイントを心得ていると言えるでしょう。

また、「男はほめて伸びる」と言いますよね。「上手!」「すごい!」「助かった」など、感謝の気持ちプラスαほめ言葉がはいることでやる気スイッチがみなぎるものなのです。仮に、彼やパートナーからしてもらったことが完璧ではなかったとします。それでも感謝の言葉が言える女性というのは男性をおのずと虜にしてしまうのです。これは女性だって同じではないでしょうか。ダメだしされるよりも「ありがとう」「君がいて良かったよ」と言われれば嬉しいですよね。もっとやってあげたい、もっとサポートしてあげたいと思いませんか?頑張っていることをどれだけ認めてもらえたか、それが目に見えて分かる言葉をかけてもらえればもらえるほど、彼が離れられなくなる女性へと変貌することができるのです。

 できることなら、お互いの時間が空いた時はずっと一緒にいたいと思うのが女心。始めのうちは男性も一緒にいる時間をなるべく作ろうと努力してくれますが、少しずつ自分の時間を作りたくなるのが男という生き物なのです。ですから、お互い一人の時間を上手に楽しむことができて、なおかつ信頼関係の上で成り立つ二人を築き上げることが大切です。誰とどこで何をしていたのか、女の人がいたのか気になるのもよくわかります。ですが、そこをつついたところで男というのは、パートナーとの間に壁を作りやすくなってしまうのです。安心して自分のところに帰ってこれるような、そんな居心地のよい女性になることこそが、彼が離れられなくなるもう一つのポイントとなります。信頼しあえる関係で、いい距離感を保つことができる女性というのは、いつの時代でももてはやされてきているのです。

 

関連コラム

 

未来が見えない不倫…諦めていた恋が動きだした瞬間
元彼とまさかの復縁を果たした崖っぷち女性の秘密の方法
あのタレントも挑戦…短期間で−10kgダイエットの秘密
夫と離婚して「許されない相手」と結ばれた女性の体験談

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Ivan Malafeyev

オトコゴコロ】の最新記事
  • 男性が思わずキュンとした♡ 彼女のエロかわエピソード
  • ドキッとする!男性が彼女に求める「理想のセクシーさ」
  • 意外と緩い?男性が考えるイイおっぱいの条件
  • 男性が思わずキュンとした彼女のエロかわエピソード
  • カップ別!おっぱいのエロさと魅力について
  • 男性は意外と重視している!アンダーヘアの理想の濃さとは?
  • 男性が思うエロいおっぱいのサイズ感って?
  • 童貞男性の生態と理想の喪失方法