全然好きじゃない男性に気があると勘違いされてしまった経験はありますか?ときには、こちらにはまったく気がないのにも関わらず、男性に「もしかして、俺のこと好き?」と、勘違いされてしまった経験がある女性もいらっしゃると思います。
 
今回は「まったく好きではない男性に、恋愛面で勘違いをされた経験ってある?」と筆者が女性にリサーチをした中で、印象的だったエピソードをご紹介しつつ、男性の勘違いへの対処法を見つけたいと思います。
 

コンビニのお客さんに勘違いされた

 

「高校生の頃、コンビニでバイトをしていたんです。近くにあった会社の社員らしき男性が、よく来ていたので、お会計のときに『いつもありがとうございます』みたいなことを言ったら『そんなに好きでいてくれるなら、プライベートでも会おうよ』と言われ、連絡先入りの名刺を渡されました。すぐにシフトを変えてもらったけれど、しばらくこわかったですね。」(30代/主婦)
 
コンビニなどの接客業は、いわばお客さんに愛想をよくして当たり前の職業です。筆者自身もコンビニでバイトをしていた経験があり、そのときはいろいろなことがありました。
 
とはいえ、お客さんに毎日来店してくれることへのお礼を伝えただけで、好意があると勘違いされたことはないので、この話の男性の勘違いにはびっくりです。
 
10代で同じ年頃の男の子から気に入られる、というパターンならまだしも、いい大人が高校生に声をかけるなんて少し気持ち悪い光景ですね。

本命へのアプローチを、他の男性に勘違いされた

 

「好きな人を含めた飲み会で、ここで距離を縮めたいと思ったから、好きな人に恋愛の話題で積極的に話しかけてたんです。そうしたら、全然好きじゃない男性が横から会話に加わってきて『話を聞いていると、君の好きな人って、俺だよね?』とか言われて。その後も『飲み会のときにカラオケが好きだって言ってたけど、二人で行こうよ!』とか、毎日しつこくLINEや電話かくるように。好きな人とは結局上手くいかなかったし、全然関係ない人には勘違いされるしで、散々でした。」(20代/アパレル)
 
飲み会で、好きな人との距離を縮めたいと考える女性もいらっしゃるのではないでしょうか。お酒が入っているからこそ話せる話もありますし、距離を縮めるには、飲み会は絶好のチャンスですよね。
 
そのチャンスで、まったく好きではない男性に勘違いされることになってしまったら「好きな人はあんたじゃないよ!」と叫びたいところでしょう。どうせなら、「全然タイプじゃないです(笑)」とでも、言ってしまえばよかったですね。
 

SNSのつぶやきで勘違いされた

 

「私のことをずっと好きと言ってくれる男性がいて、こっちはどうしても恋愛対象に見られなかったから、告白を断っていました。ある日、Instagramで『女子会で恋愛話中~』って画像を投稿したら、数分後にその男性からLINE。『女子会で話してるのって、俺とのことだよね? 諦めなくていいんだよね?』って。そんなことで勘違いをされることにゾッとした」(20代/大学生)
 
SNSを利用している人が多数派であるこのご時世、とくに深い意味はなく文章・画像の発信をしてしまう女性も多いことでしょう。しかし、中にはそんな深い意味はない文章や画像の発信に反応し、勘違いをしてしまう男性もいるのです。
 
好きな女性の発信を見逃したくないという気持ちは、ときに大きな誤解をまねくということですね。付き合っていても彼女の浮気や男友達と一緒に写っている画像などがアップされたら気になってしまうという男性もいて、恋人のSNSアカウントを知らない、興味がない、あえて知ろうとしないという人も多いようです。SNSの更新が気になってしまう環境は片思い男性には毒だったようですね。
 

ヒアリングしてみた結果

 

「まったく好きではない男性に、恋愛面で勘違いをされた」という経験がある女性は、意外と少なかった印象です。たいていの男性は女性から特別な好意がないことを察してくれているのでしょう。
 
この問題を考えたとき、多くの女性は、「好きでもない男性から勘違いされるような振る舞いはしていない」と思っているはずです。ですが、自分でも気づかずに、男性に好きだと勘違いされてしまう言動をとる女性も少なからずいるようです。中には、よく勘違いされるにもかかわらず、かわいい仕草を見せたり、誰にでもノリを良くしてしまう、あえて男性から好かれやすい言動を見せる女性もいます。
 
ですから、「勘違い男」と銘打ってはいますが、男性側が一方的に勘違いしているわけでもないのでしょう。男性側は最初からその女性に好意を抱いている場合が多く、相手の女性の言動から、「好意を持ってくれているのかな?」といった勘違いに陥りやすい状態とも言えますね。
 

あとくされなく断る方法

 

ストーキングされたり、毎日しつこく言い寄られたりなど、最悪の事態になる前に、ここで紹介したように男性から勘違いされてる?と思える出来事が起こった時点で、ハッキリと伝えておくことが肝心です。
 
面と向かって断られれば、男性側も女性にその気がないことをすんなり認めて引き下がるでしょう。これを放置したり、LINEやSNS上で済ませたりすると面倒くさいことになりがちです。
 
一番やってはいけないのは、「察してよね」という態度を示すことでしょう。女性はナシだと思ってとる素気ない態度でも、相手はそこまで気にしないかもしれません。また、ただただキツい態度をとったり、無視したりといった男性にさらに意識させてしまう態度もよくありません。まったく身に覚えがない場合や、思春期ならばその対応でも通用するかもしれませんが、それではいつまでたっても男性からのアプローチは続いてしまうでしょう。
 
仮に男性が察してはいても、好きになった相手を簡単には諦めたり忘れたりはできないのでしょう。何か確信めいたものやお互いに好きというところからスタートする恋もあれば、実際、恋は何かの勘違いや間違いから始まることもあるといいます。
 
良識や常識のない面倒くさい男性は一部でしょう。勘違いされてしまったら、ムキになって遠ざけたり、逃げ回ったりするよりも、相手の話を聞いてしっかりと断りを入れることをお勧めします。
 
(yummy!編集部)
 
■「これってもしかして…」男性が勘違いする女性の行動集!
■気をつけて!メンタル最強の勘違い男
■男性がノーマーク女子を意識するきっかけ!脈アリ女子になる秘訣

pickup!
恋愛】の最新記事
  • 「恋愛が怖い……」彼女たちが勘違いしていることとは?
  • エッチした後に冷たくなった!? 彼があなたに発する「無理サイン」
  • 興味がない男子からの「送り狼狙い」がウザい! 撃退法をチェック
  • 夢見すぎ? 高く持っていていい理想と、持ってはいけない理想とは?
  • 背徳感は、蜜の味? 背徳感いっぱいの恋愛経験
  • 好きだと勘違いされた!正直、困る勘違い男への対処法
  • 現役東大生ライターに聞く! 年下男子が夢中になる大人女子とは?
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選