2月14日はバレンタインデーですね。一年のなかで最も恋を意識する季節だけに、この機会に、気になる人に思い切って気持ちを伝えようかどうしようか。迷っている女性も多いのではないでしょうか。

単にチョコを渡すだけという手もありますが、なにかひと言でも言葉をかけられたほうが、チョコの意味が相手に伝わるでしょう。また、バレンタインをきっかけにふたりの関係が大きく進展しそうです。

そこで今回は、チョコと一緒にどう自分の気持ちを伝えたらいいのか、考えてみました。

ギフトカードでLINE交換を狙う


まずは、ふたりの関係に応じて、チョコと伝え方を考えられるといいのかもしれません。
また、自分がどこまで相手に気持ちを伝えようとしているのか、そこも大切なポイントですね。

たとえば相手とはまだ片思いで、両思いかどうかわからない場合――。
とりあえず義理チョコでもいいので、「いつも優しくしてくれてありがとうございます。これ、もしよかったら」と手渡すだけでも、相手に自分のことを少しでも印象づけられるきっかけになるはず。

はたまた、それまであまり相手と話すきっかけがなかったのなら、せっかくのバレンタインです。積極的に恋のイベントに乗っかってみましょう。

日頃お世話になっている人へのお礼といった意味でも渡せますし、普段接点のない人なら、「実は〇〇さんと仲良くなりたかったんです。もしよかったら、LINE交換しませんか?」とギフトカードなどで、仲良くなるチャンスを作ってみては?

「受け取ってくれる?」と意味深に聞く


すでに仲のいい関係なら、選んだチョコの話をしてもいいかもしれません。
「はい、これ。よかったらもらってくれる?」と、バレンタインチョコを渡しつつ、「〇〇くん、甘すぎるチョコが苦手だって言っていたから、甘くないやつ選んでみました(笑)」と、それとなく好意があることを伝えてみるとか。

仲のいい関係だと、つい素っ気なくあげてしまったり、「勘違いしないで、義理だよ」なんて、照れ隠しでつい冗談っぽくあげてしまう人もいるのでは?
相手と両思いなら、多少ぶっきらぼうでも、相手はあなたがチョコをくれたことが嬉しいと思うのですが――。

バレンタインをきっかけに、気持ちを伝える場合は、やはり相手に意識をさせる必要があると思います。
普段仲がいいからこそ、ちょっと丁寧に「受け取ってくれる?」と言ってみる。そこに自分の気持ちが含まれていることを、それとなくでもいいのでアピールできると、彼はあなたからのチョコを意識し出すのではないでしょうか。

「ビックリさせちゃってごめんなさい(笑)」


相手とすでに両思いなら、バレンタインを付き合うきっかけにできるといいですね。
ストレートに言うのなら「ずっと好きでした。受け取ってください」と言って、チョコを渡すとか。

そして、あとでLINEやチョコに沿えたメッセージカードで、「今日は驚かせてしまってすみません。口に合うと嬉しいです」と伝えられると、彼からは絶対に嬉しい返事がもらえるはずです。

ただ、両想いの確信がない場合、失恋の可能性も大きいので、バレンタインにムリに気持ちを伝えなくてもいいかもしれません。
あなたから、まさかチョコをもらえるなんて……といった男性には、自分の好意を伝えるきっかけとして、考えられるといいと思います。

そのあとLINEで、「今日はビックリさせちゃってごめんなさい(笑)」「よかったら、今度ご飯でも一緒に行きましょう」など――。相手の反応を見ながらやり取りできると、バレンタインをきっかけに距離が図れるようになるのでは?

チョコを渡すことも大切ですが、どうやって気持ちを伝えるかも大切ですよね。
バレンタインをきっかけに彼との仲が進展するよう、ぜひ参考にしてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

■男性が正直困ったバレンタインエピソード
■あなただけが使える恋の媚薬
■バレンタインに出没! 男を惑わす罪な女5選

恋愛】の最新記事
  • カウンセラーが教える恋愛心理学|話すときの体の向きでわかる脈あり脈なし?
  • 「会えない時間が愛を育てる」は真実なの?
  • 恋愛における出会いの第一印象で信じていいのはどこ?
  • 2022年は重荷を捨てて……年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由とは?
  • 12星座別|2022年上半期の恋愛運ランキング!
  • 「レベルの高い恋愛、レベルの低い恋愛」ってあるの?
  • 大人になっても結婚しても恋愛が大切な【10の理由】
  • 男性がハマる女性の一瞬の笑顔「俺にだけ見せてくれている」と錯覚させるシチュエーションとは?